The History of Camels in Japan New!

ラクダの日本への初めての渡来は日本書紀に記載されています。
その後、約1000年後の江戸時代に再び渡来します。

599年推古七年  (飛鳥時代)百済より渡来

618年推古二十六年(飛鳥時代)高句麗より渡来

657年斉明三年  (飛鳥時代)再び百済より渡来

679年天武八年  (飛鳥時代)新羅より渡来

1821年文政四年 (江戸時代)オランダ船によって長崎に、雌雄2頭が渡来。
         出島の和蘭商館は幕府への献上を目論んだが断られ、商館
         長のプロンホフ氏は、引田屋の遊女の小萩にプレゼントし
         た。しかし飼うことがままならず、その後江戸の見世物小
         屋へ売却され全国を行脚することになるが、北国を巡業中
         に寒さが原因で亡くなったと言われている。

         関連してこの時期に桂文吾により落語「らくだ」が創作さ
         れている。