柴田雄次略年譜
1882(明治15)1月28日柴田承桂・チタの次男として東京神田駿河台に生まれる。
1904(明治37)愛日小学校・高等師範学校附属尋常中学校・第一高等学校をへて東大理科大学化学科入学。
1907(明治40)東大化学科卒業。大学院に進む。
1910(明治43)東大理科大学講師。3年の在外研究を命ぜられ5月27日出発。8月2日父承桂死去。10月ライプチヒ大学ハンチ教授の研究室に入る。
1911(明治44)チューリヒ大学のウェルナー研究室に入る。
1914(大正1)パリ大学ユルバン研究室に入る。
1913(大正2)帰国。東大理科大学助教授。化学第二講座(無機化学)担任。
1915(大正4)杉村ナミと結婚。大久保百人町に新居を構える。
1917(大正6)理学博士。
1919(大正8)東大教授。
1927(昭和2)学術研究会議会員。帝国学士院恩賜賞受賞。
1930(昭和5)万国化学協会第十回総会(リエージュ)に出席。
1931(昭和6)雑誌『科学』編集委員。
1936(昭和11)万国化学協会第十一回総会(ルツエルン)に出席。
1939(昭和14)法隆寺壁画保存調査委員会委員。
1942(昭和17)東大理学部教授定年退官。名古屋大学理学部長。
1944(昭和19)帝国学士院会員。
1945(昭和20)大久保百人町の居宅空襲により焼失。
1948(昭和23)名大教授退官。
1949(昭和24)東京都立大学総長。兄桂太死去。
1950(昭和25)国際大学会議(ローマ)に出席。
1952(昭和27)日本学士院第二部長。
1957(昭和32)東京都立大学総長退職。
1962(昭和37)日本学士院院長。文化功労者。
1967(昭和42)第十回国際錯塩化学会議組織委員長。
1970(昭和45)英国ロイヤル・ソサイエテイ学術代表団を招致。日本学士院院長退任。
1980(昭和55)1月28日死去。満98歳。

ホームページへ戻る