7-4

 原点に帰りましょ4
   文字の書体を変えてみようっ。


『答え』 文字のイメージを変えてみましょう。

使うタグは、FONT FACE=というやつです。 タグはこんな感じで書きます。

<FONT FACE="書体名">ABCDEFGabcdefg</FONT>

さてさて、種類も多いのでズラ〜〜〜〜〜〜っと行きましょうか。
お気に入りの書体を見つけて下さいね。(WindowsNT対応のフォント指定も混じってますから字体が変わらない場合もあります。)

<FONT FACE="serif">
<FONT FACE="sans-serif">
<FONT FACE="cursive">
<FONT FACE="fantasy">
<FONT FACE="monospace">
<FONT FACE="Arial">
<FONT FACE="Arial Black">
<FONT FACE="Arial Bold">
<FONT FACE="Arial Bold Italic">
<FONT FACE="Arial Italic">
<FONT FACE="Comic Sans MS">
<FONT FACE="Comic Sans MS Bold">
<FONT FACE="Courier">
<FONT FACE="Courier New">
<FONT FACE="Courier New Bold">
<FONT FACE="Courier New Bold Italic">
<FONT FACE="Courier New Italic">
<FONT FACE="Impact">
<FONT FACE="Lucida Console">
<FONT FACE="Lucida Sans Unicode">
<FONT FACE="Modern">
<FONT FACE="MS Sans Serif">
<FONT FACE="MS Serif">
<FONT FACE="Roman">
<FONT FACE="Script">
<FONT FACE="Small Fonts">
<FONT FACE="Symbol">
<FONT FACE="Terminal">
<FONT FACE="Times New Roman">
<FONT FACE="Times New Roman Bold">
<FONT FACE="Times New Roman Bold Italic">
<FONT FACE="Times New Roman Italic">
<FONT FACE="Verdana">
<FONT FACE="Verdana Bold">
<FONT FACE="Verdana Bold Italic">
<FONT FACE="Verdana Italic">
<FONT FACE="WingDings">
<FONT FACE="MS ゴシック">
<FONT FACE="MS Pゴシック">
<FONT FACE="MS 明朝">
<FONT FACE="MS P明朝">

日本語書体はマシンのOSやブラウザのバージョンによって表示に違いがありますので、 あまり多用されない方が良いでしょう。
でもまあ、ご紹介だけしておきましょうか。

OZホームページ道場♪ : Arial CYR
OZホームページ道場♪ : Arial Unicode MS
OZホームページ道場♪ : Batang
OZホームページ道場♪ : Gungsuh
OZホームページ道場♪ : HGPゴシックE
OZホームページ道場♪ : HGP行書体
OZホームページ道場♪ : HGP創英角ポップ体
OZホームページ道場♪ : 魚石行書
OZホームページ道場♪ : 江戸勘亭流P
OZホームページ道場♪ : Impact
OZホームページ道場♪ : HGゴシックM
OZホームページ道場♪ : MS ゴシック
OZホームページ道場♪ : MS Pゴシック
OZホームページ道場♪ : MS 明朝
OZホームページ道場♪ : MS P明朝

書体については訪問者がブラウザの設定で無視する場合もありますので、 あまり凝らない方が良いのですよ。
これで書体を変える技が修得できましたね。(....ねっ!?)

 . . . . .   . . . . .