さあ世界に向けて発信
   アップロードは素人でも出来るのか。


『答え』 出来ます。 但し、それぞれの環境によって方法が異なる。

ここまで、通常のことなら みんなに同じレクチャーで済んだ.....。
ところがココからは各個人の環境で方法・手段が違っちゃう のです。
MacintoshとWindowsで、使用するFTP が異なる。また、加入しているプロバイダによってアップロードの手続きが少しばかし必要です。
それで、一般的な2大系をお話しておき、実際に作業される時は皆さんの加入するプロバイダに問合せ て戴くことをお勧めします。
(1)ハードの環境 : Macintosh ・ Windows
プロバイダがサーバーを貸してくれるから、こうしてホームページをみんなに見てもらえる。そのデータ転送がアップロードという作業でその作業に使うのがFTP(File Transfer Protocol)ソフトなんです。
MacにはFetchと言う定番中の定番があり、 迷うことなくお勧めです。
Windowsならば、NextFTPもしくはFFFTPがお勧めです。
ネット検索すれば簡単に見つかりますので。
御注意戴くのは、NextFTPはシェアウェアと言って有料ソフトなんです。但し、一定期間は無料で使えますから、じっくり試用の上で購入するかどうか決めることが出来ます。
購入されたマシンによってはFTPがバンドル(最初からインストール)されていますから調べましょうね。
Fetch (Macintosh)
ダウンロードとインストールのサイト サーバー別アップロード方法のサイト
NextFTP (Windows)
ダウンロードとインストールのサイト サーバー別アップロード方法のサイト

経費削減主義Windowsの方はFFFTPをお使い下さい。操作の解説はNextFTPが圧倒的に親切充実です(きっぱり)。NextFTPで練習してからFFFTPに乗り換えるっていうのも手ですね。(あわわ、こんな紹介しちゃあいけないのかも.....)
FFFTP (Windows)
ダウンロードとインストールのサイト 詳しいFFFTP解説サイト

(2)プロバイダの環境 : 与えられたエリアにPUT
プロバイダ契約時の資料に記載されている筈。メールや電話で問合せても、教えてくれる筈です。
そこが言い換えると、アナタの専用フォルダみたいなもの。メインのHTMLを置いた後は、ご自身のPC内データと同様にデータを分かり易くフォルダ分けして、管理して下さい。ミスターOZの場合、画像・アイコン・動画の3分類でフォルダを作っています。
ご理解戴けました....とは行かないでしょうが、意味合いは把握して。
心配されずとも、どのプロバイダも親切 に教えてくれますよ。

☆彡main point
・NextFTPはシェアウェア。継続使用するなら、使用料を払いましょう。
・ホームページはプロバイダによって有料無料がありますので確認を。

・ネットからOSに合わせたFTPを入手する。
・プロバイダにアップロードを具体的に問合せる。
・フォルダ分けして、分かり易い管理方法を作る。


     . . . . .   . . . . .   . . . . .