6-3

 超初心者を脱皮したい-3
   音楽を鳴らすのは難しいのかな。


『答え』 簡単です。現在では1つタグで対応出来ます。

(1)
まずは2種類のHTMLの書き方。


<EMBED SRC="enter.mid" WIDTH="150" HEIGHT="40" 
AUTOSTART="TRUE" LOOP="TRUE" REPEAT="TRUE">


<BGSOUND SRC="enter.mid" LOOP=-1>

過去は<EMBED>がNNでもIEでも通用する演奏タグだったのですが IEのバージョンによっては条件によって<BGSOUND>だけしか機能しない時期もありました。
今は下記のような書き方が両方対応として演奏出来るタグになっています。

★
<OBJECT>
<EMBED SRC="enter.mid" WIDTH="0" HEIGHT="0" AUTOSTART="TRUE"
 LOOP="TRUE" REPEAT="TRUE">
</OBJECT><BGSOUND SRC="enter.mid" LOOP=-1>

では、この項目は終了...と言いたいのですが、ちょっとだけ余談を。
どうやら、このMIDIはイロイロな影響を受けるようでして、音が鳴ったり鳴らなかったり。 ★マークのタグでは音が2重に演奏されるトラブルが発生する時機もあって、下記のタグが適正の時もありました。


<EMBED SRC="enter.mid" WIDTH="150" HEIGHT="40" 
AUTOSTART="TRUE" LOOP="TRUE" REPEAT="TRUE">

面倒な話ですが、★マークのタグが上手く行かなくなったら、これをお試し下さい。
ややこしい書き方をしていますが、まずは★マークのタグをお使い下さいね。

(2)
さてさて、タグの説明を読まれたら、後は音楽データさえあればOK。
今回はenter.midというのを使ってますが、拡張子がMID となってます。様々な音源があって拡張子も様々ですので、ご注意を。
こうしたMIDの曲を作れる方は良いですが、どこかから戴きたいって人は親切なダウンロード付きのサイトをYAHOOやgoo等で探しましょう。

(MIDI音源に関しては著作権問題がありますので十分にご注意下さい。 このenter.midは映画スティングのサントラで有名ですが実は古くからある音楽なので著作権は問題ないそうです。)

【今回のサンプルは、 ココ から取り出して下さい。 (ココの文字にカーソルを当てて、Windowsマシンならば 「右クリック」押してから「対象をファイルに保存」を選びます。) 】
今回使わせて戴いてるMIDIは『MyLittleGarden』さんとこからお借りしています。
準備は以上。enter.midという曲が手に入りましたね。MIDI演奏するHTMLと同じフォルダの中に入れてください。

(3)
では★マークのサンプルHTMLを実行して下さいな。見事なBGMが!
最後に、タグ類の説明を致しましょう。
・WIDTH=150 HEIGHT=40 → コントロールパネルを表示
・WIDTH=0   HEIGHT=0 → コントロールパネルの表示なし
・AUTOSTART="TRUE"  → 自動演奏開始
・AUTOSTART="FALSE"  → 手動再生
・LOOP="TRUE"・REPEAT="TRUE" → 繰り返し演奏
・LOOP="FALSE"・REPEAT="FALSE" → 演奏1回だけ
 【注意1:コントロールパネルで音の高低速度を操作出来ます。】
 【注意2:LOOP=とREPEAT=は同じ設定にすること。】
 【注意3:環境によって、LOOPかREPEATかが機能します。】
ご理解戴けましたか? ま、とにかく音楽が鳴ったら、この項は修了です。

●実際にどんな風にBGMが聞けるのか?って方は『こちら』で どうぞ。

●「ActiveXコントロールを実行するには」ってメッセージについては『こちら』をどうぞ。


☆彡main point
・NN、IE両用のタグの場合にMIDI曲名を一致させること
・EMBEDタグが有効なIEバージョンも存在しています
・MIDIデータの読み込み時間も考えて余り長い曲は避けましょう


     . . . . .   . . . . .   . . . . .