「開く」の解説

作ったHTMLをブラウザで開く方法

『ブラウザでファイルを開く』という作業の御質問が多いので、ちょっと解説しましょ。

まず、基本用語としてブラウザを理解しましょうね。ブラウザとは、今あなたがインターネットを楽しんでるツールそのものです。
最近では、IE(Internet Explorer)かFirefoxのどちらかでしょう。このホームページを見るソフトがブラウザです。ネットで何かを見ることをブラウジングするとか言ったりもしますね。
さて、HTMLや画像を作って行く過程でそれを確認したい時に『ブラウザでファイルを開く』作業が発生します。
(IEの場合)
上のバーのところにファイルってありますからプルダウンします。すると開くっていうのがありますから、それを選びます。IEの場合、ここからまだある。(躓くのはここなんですよね)
そうすると参照っていうボタンがありますので、これを押す。これで、いよいよパソコン内の文書選択です。

さてさて、道場の通りに作られてきた方なら、デスクトップにあるホームページ専用フォルダ(前項でmyHPという名前をお勧めしたかと)を 探して開きましょう。そこに鎮座しているabc.htmlが見つかる筈です。

お目当てを探し出したら、その文書にカーソルを当てて「開く」ボタンを押しましょう。
どうですか、これでばっちりでしょ。(^^)
ここまで理解されたらこの項は修了。
マイクロソフトさん(ビルゲイツのおじさん)もうちっと簡単操作でも良いんでないかい?

     . . . . .   . . . . .