ニューヨークとアンコールワット

 

 

「お父さん、ニューヨークへ行こうよ」。声を掛けてくれたのは、息子の方からでした。1ヶ月前に家内を亡くし、呆然としている父親を元気付けようとする息子の思いやりです。2人で、格安航空券を購入、ニューヨークへ出かけたのは、まだ冬の寒さが厳しい2月の末でした。

 

 私はかねがね行きたいと願っていたメトロポリタン美術館に連日詰めました。スケッチする時間は、何もかも忘れる時間でした。連日スケッチに来館する日本人に、ガードマンもすっかり顔馴染みとなり、時には親切に館内を案内してくれたりもしました。

 

アンコールワットに出かけたのは、3月末でした。今度はすごい暑さで、被っている帽子が汗でべとべとになってしまいました。とにかくあの蒸し暑さにはこたえました。

 
かってインドシナ半島を制覇していたクメール王朝アンコール・ワット遺跡は、長く密林の中に忘れ去られ、これをヨーロッパ探検家が発見したというストーリは、何となく胡散臭い匂いを感じていましたが、帰国後、英国探検家アンリー・ムーオの著作「アンコールワットの発見」を読んでみて、矢張りあのストーリはなにもヨーロッパ探検家が殊更に自分が発見したなどと名乗りでるようなものではなく、そんなPRを続けるのは支配者の傲慢であり、ヨーロッパ帝国主義の自己正当化に過ぎないと知りました。イラクにおけるアメリカ帝国主義も全く同じ。弱者に対する征服者の横暴な自己正当化は今も、昔も傲慢さに過ぎないのです。


 ところですっかり外国スケッチ旅行に嵌まりこんでしまった小生、4月末からのGWには、あこがれのシルクロードスケッチを敦煌・トルファン・西安で楽しみ、6月はフランス印象派の風景紀行をノルマンディ・ブルタニュに訪ね、7月には夏のモンゴル草原に出かける予定です。

 

友人は「身体の方は大丈夫か。無理を重ねるなよ」と心配してくれますが、自分は例え大腸がんの再発という事態になったとしても、旅で燃えつくした我が人生に悔なしと言い切れるような気がしています。

 

ここをクリックして頂くと、表紙に戻れます。