定年後の読書ノート
養生訓、貝原 益軒 著、岩波文庫
貝原 益軒(1630〜1714)、福岡城下に生まれ、医学、本草学、儒学、地理学、歴史学と広い学識を身につけた。「養生訓」を書いたのは、84歳。生活体験と学問上の知識をこの書に活かした。

この書は生活心得書である。8巻よりなり、総論、飲食、身体の働き、病気の心得、薬の用い方等を説く。「養生訓」は、身体の養生と心の養生の2つを、1つに結んでいわば「人間」の養生を説いたもの。

「人の身は父母を元とし、天地を初とす。天地父母のめぐみをうけて生まれ、又養われたる我が身なれば、わが私の物にあらず。天地のみたまもの、父母の残せる身なれば、つつしんでよく養いて、そこなひやぶらず、天年を長くたもつべし。是天地父母につかへ奉る孝の本也。身を失いては、仕ふべきやうなし。我が身の内、少なる皮はだへ、髪の毛だにも、父母にうけたれば、みだりにそこなひやぶるは不幸なり。いわんや大なる身命を、我が私の物として慎まず、飲食・色欲をほしいままにし、元気をそこなひ病を求め、生まれつきたる天年を短くして、早く身命を失う事、天地父母へ不幸のいたり、寓なるかな。人となりてこの世に生きては、ひとへに父母天地に孝をつくし、人倫の道を行ない、義理に従いて、なるべき程は寿福をうけ、久しく世にながらへて、喜び楽しみを成さん事、誠に人の各願う処ならずや。かくのことならむ事をねがはば、先ず右の道を考え、養生の術をまなんで、よく我が身を保つべし。是人生第一の大事なり、人身は至りて貴く重くして、天下四海にもかへがたき物にあらずや。」

ここをクリックすると目録に戻ります