定年後の読書ノートより

ソクラテス以前以後、F・M・コーンフォード著、山田道夫訳、岩波文庫
1932年ケンブリッジ大学古代ギリシャ哲学コースにて、ソクラテスを論じたF・M・コーンフォード教授の名講義。

ソクラテスが為し遂げた思想革命、すなわち、ソクラテスは外的自然の研究から、人間の研究ならびに社会における人間的行為の研究へと、どのように哲学を転回させたか。

ソクラテスは、自然についての学問を断念した。何故、ソクラテスは自然の哲学に失望したのか。

ソクラテスの哲学への姿勢は、常に「何故」があった。ソクラテスの人生のモットーは「汝自身を知れ」であった。哲学は、自分に一番近いところから、すなわち人間にとっては魂、自らの生の意味こそが大切ではないかとソクラテスは常に考えた。

しかし、それでは、何故人間は、魂ではなく、まず自然を最初に探求したのだろうか。

この宇宙は、人間の理性によってひとつの自然的全体と認識される。しかし実際行動による支配は及ばぬような在り方をしていることが理解されるとき、始めて「科学」は始る。ここに至るまでの科学以前の時代の諸特徴を振り返って眺めておかなければならない。

(1)外的事象からの自己を切り離し、対象を発見する。

人間の赤ん坊は、最初の数週間、自分の周囲の世界を、自分自身の一部であると思いこんでいる。外的対象が独立に存在していることへの、嬰児みずからの未熟な独裁論は破綻する。自己と対象との境界線は、そのまま科学が引く境界線と同じである。

(2)知性はその対象への対処のために、さまざまの実際的行動に関係する。

この間、知性は行動上の関心に没頭しつづけ、利害を離れた思索のため、閑暇を持ち ながら、長い時間を必要とする。

(3)対象の内部あるいは外部の目には見えない 超自然的な諸力への思念。

好意や悪意、行動を促進したり妨害したりする目には見えない、人格性の要素。人間は考慮ということを始め、最初は人間の自我から対象へと投射される超自然的なものを作り上げ、見えざる諸力に実質を与えようとするのが、神話である。神話は、未知なるものを占有し、超自然的な存在として、通常の事実的知識の小さな領野を取り囲む。

しかし、この宇宙全体に、自然の概念は拡大されていく。世界秩序の誕生である。古代の自然学は、不滅な原子を演繹的に推理したあと、それによって実は事物の実際の自然本性の認識まで到達してしまったのだと考えた。存在するものはすべて、この物質的要因によって説明されなければならなかった。そのような資格において、原子論は物質的側面ばかりではなく、精神的側面の説明も包含しているべきだろう。だがそのような観点から原子論の体系を考察してみると、われわれが精神的だとみなすことのできるものは、どんなものも、とにかく霧散霧消してしまうのがみられる。

ソクラテス哲学は、自然学のこのような唯物論的動向に対する反抗なのである。精神世界を再発見するための哲学は、当面のあいだ外的自然における物質的実体の検索を打ち捨てて、人間の魂の本性をめざして目を内に転じなければならなかった。

これがソクラテスの遂行した「汝自身を知れ」という革命だったのである。

ここをクリックすると目録に戻ります