定年後の読書ノートより

奈良県の歴史散歩―下巻―奈良県歴史学会、山川出版
甘樫丘
眼下に古代史舞台。蘇我入鹿邸宅跡。万葉集4500首中900首は大和に関する歌。その4分の1は飛鳥関連。

飛鳥水落遺跡
漏刻台(水時計)遺跡と推定。須弥山石・石人像は噴水施設。

奈良国立文化財研究所飛鳥資料館
高松塚古墳、飛鳥寺塔心礎、出土品。近くに山田村跡。倒壊した東回廊。

飛鳥寺跡 現安居院。銅造釈迦如来座像=飛鳥大仏。物部守屋=廃仏派対蘇我馬子=仏教派。 中大兄皇子と中臣鎌足が飛鳥寺で蹴鞠。特異な伽藍配置。朝鮮の伽藍配置、瓦模様

酒船石 宮殿導水施設

友人奈良国立文化財研究所伊東大作氏のメール(H12/3/18)から …… 明日香の酒船石遺跡、新聞でご覧になりなしたか 大騒ぎでした。遺跡発見の記事が新聞の一面のトップになることはよくありますが どうも専門家がわいわい言ってるほど一般向けじゃない場合があります。

でも、今回の石亀はあっと息をのむものでした。最初石垣が出ているというので 見に行ったのですが、その石垣でも大変な物で、斉明天皇の遺跡であることが 推定されます。以前に発見されていた、天理に産する砂岩の切石を多用して 酒船石を取り巻く、双槻の宮(ふたつきのみや)関連遺跡と言うことです。

それで、私が行っている会社にレザー光線で3次元測定が出来る機械がありまして そこで実験をさせてもらいました。そうこうしているうちに 深いトレンチだったため、南側の崖が崩れて、亀が顔を出しました。 もともと富本銭が出土して問題になった、万葉ミュージアムへの導入路計画部分の 事前調査だったので、道路予定地だけの調査区間だったのですが、 亀が出たとあっては明日香村としてもやむを得ず、調査区を広げたわけです。 ……

飛鳥地方の石造物 須弥山石・石人像=道祖神、庭園噴水施設。酒船石=宮殿導水施設。亀石。猿石。 鬼の俎。鬼の雪隠。石槨の基底石、蓋石。

石舞台古墳 7世紀頃。蘇我氏邸宅。都塚古墳。

高松塚古墳 石槨内壁画。出土品は飛鳥資料館展示。飛鳥歴史公園館。亀虎古墳。壁画。

ここをクリックすると読書目次に戻ります