イタリアの春、世界遺産スケッチ紀行

イタリアの春を、世界遺産に集中してスケッチ紀行をした。12日間専用バスを借り切って、ローマからフィレンツェまで全日透き通るような快晴に恵まれ、中年男女19名、気分は常に最高潮だった。人生最終の鐘を地平線の彼方に聴きながら、生きることの充実感を実感し、イタリア風景スケッチに熱中する19名は皆が青春の中にあった。ツァーガイドが言っていた。「こんな素晴らしい旅は、私のガイド人生初めてです」。トスカーナの緑の大地を、栄枯盛衰を秘めたエトルリア人の足跡を、アラブとヨーロッパの対決を秘めた地中海を、1枚のスケッチの中にとらえんと、誰もが情熱を傾けた。実に短い12日間でもあった。

13世紀に建てられた聖フランチェスコ教会のある

アッシジ(assisi)




谷から見上げたアッシジの聖堂は、

大理石の輝きがある(assisi)




トスカーナの素晴らしい田園の中に、

中世の町モンテプチルアーノ(montepulciano)





ピエンッア(pienza)の渓谷の美しさは

世界遺産になっている。






中世の面影をそのまま残す

シエナ(siena)のドメニコ教会







シエナ(siena)中心部のカンボ広場に立つマンジャの塔エ


塔の町サンジミニャーノ(san gimignano)を遠くから見る


塔の町サンジミニャーノ(san gimignano)の
レストランテラスより



夏の保養地レリチ(leroci)の

12世紀に建てられたレリチ城







色彩豊かな家々が海岸に並ぶ

ポルト・ヴェーネレ(porto venere)






ポルト・ヴェーネレから船に乗って
岸壁の景観マナローラをスケッチ(manarola)

ルネッサンス発祥の地フィレンツェ全景(firenze)

追記

2006年6月、刈谷文化協会主催の美術展に、「イタリア・ポルトベネーレ」と題して20号の水彩画を出品したら、洋画の部で刈谷市議会議長賞を頂きました。現場で描いた絵は迫力があるとの講評を頂き、これからも風景スケッチを続けたいと気持ちを新たにしました。

ここをクリックして頂くと 表紙に戻れます