ペルー神秘の世界遺産を巡る


透き通る青空、強い紫外線、標高3000mの絶壁を登ってきた。突然眼下に広がる沈黙の古代都市マチュピチュ。この瞬間、広大な神秘の古代都市がそのまま残されている不思議さに呆然とする。感動が全身から沸き上がって来る。自然と人間の最高の美しき融合。ペルー・マチュピチュ・神秘の世界遺産。

 





波静かなるティティカカ湖に浮かぶ葦の浮島、小さな浮島にひっそりと暮らす先住民たちの素朴な生活断面に、力弱き、しかし心から素直なる民族の悲哀を見つめる。













広大な砂漠を空からナスカの地上絵を見る。物言わぬ古代人達は、沈黙の絵の中に、何を秘して訴え続けていたのだろうか。遠き祖先たちの沈黙の世界をもっともっと深く知りたい。沈黙の彼らの叫びに耳を傾けたいとの思いにひたる。







高度4000mを越す山々を、少なくなる酸素に苦しみながら、幾つかの古代遺跡を訪ねた。南米大陸ペルーに驚くべき古代文化を築いたインカ帝国。この神秘のインカ帝国を金銀略奪のみを目的に、皇帝を殺し、人民を奴隷化したスペインの憎むべき残虐行為。ヨーロッパ人が世界を征服し、今日を築き上げた支配の歴史をもう一度徹底的に勉強し直して、歴史の哲学を見抜きたい。この旅行を機会に、生きるとは何か、もう一度考え直したい、そう決意する。

ここをクリックして頂くと 表紙に戻れます