最近観た映画

母べえ       吉永小百合主演   山田洋二監督    野上照代原作

映画のあらずじ  


貧しいが、平穏で幸せな家庭に突然嵐は襲ってきた。昭和15年 帝大ドイツ語教授 野上徹は治安維持法違反思想犯として特高警察に踏み込まれた。母と幼い娘2人、恐ろしい権力の重圧に必死でかばい合い寄り添って生きていく。不条理な世間の重圧の下、家族を温かく見守ってくれる人々もいた。父の教え子で出版社に勤める山崎さん、父の妹で美大に通う久子姉さん、いつも愉快な奈良の叔父さん。しかし父への弾圧は容赦なく襲い、父は監獄の中で死の淵に追い込められていく。家族は父への手紙を唯一の愛のパイプとして毎日をしのいて生きた。母は、小学校代用教員として家庭を支えてくれた。しかしある日、チチシスの電報が来た。そして山ちゃんも、久子姉さんも戦争で皆還らぬ人となった。そして月日が流れ、母がこの世を去る日がやってきた。「お母さん、あの世でお父さんに会えるからね」。母は小さな声でつぶやいて死んでいった。「あの世ではなく、この世であの人と会いたかったわ」。


素晴らしい、そして清らかな、愛情物語である。憲法を改定し、再軍備、米国追従侵略国家日本を作ろうとする自民党権力支配が日に日に大きくなってくる今日この頃、戦争に反対し、生活を大切にしたいと願った人々が殺され、消されていった戦争の現実を、映画を観る者に真剣に考えさせる。良い映画だと思う。この映画は、原作 野上照代の自分史を映画にしたものである。


吉永小百合の美しさは山田洋二監督の表現を借りれば、正に奇跡だと思う。吉永小百合の美しさは、清らかさと上品さの満ちた美しさであり、知的な雰囲気は彼女の美しさをさらに輝やかせている。


この映画を観て、あらためて、憲法9条を改定し、戦争への道を進もうとする自民党権力政治に我々は必死で抵抗し、憲法改悪の道を粉砕せねばと思う。

ここをクリックすれば表紙に戻れます