資本論 第2部 序言

エンゲルスは、マルクス死後、その遺稿を整理し、マルクスが生前成し遂げられなかった、資本論の第2部、第3部の作成経過を、書いている。遺稿から、マルクスがこの第2部を書いたのは、四つ折紙に、マルクス独特のくせのある文字で、1865,1867、1870,1877年に書かれた痕跡が残っている。しかし、その間、マルクスは、病に倒れ、何度も、研究から手を引いている。

その間、多くの人々の攻撃に身を曝さしてきたが、ロートブルトスという大臣までやった男より、「マルクスの剰余価値とは、彼の発見ではなく、彼が自分の作品から剽窃したものだ」と論じたことだ。本件については、マルクス生前中、目にふれることもなかたので、マルクスは、何も強く反論していないが、剰余価値学説は、マルクスが、古典派経済学を学ぶ過程で、彼等が剰余価値の存在を気づいていながら、これを理論化できなかったのであり、特に、リカードにおいては、彼の著作に、剰余価値そのものを、はっきりと論じている。しかし、酸素発見の過程で、燃素として、酸素の存在を確認しながら、酸素を把握出来なかった科学者と同じく、リカードは、剰余価値の存在を確認しながら、これを理論化出来なかった。

ロートブルトスの場合も同じだ。むしろ、彼は、リカードから剰余価値の存在を学びながら、リカードを一歩も出ているものではない。

マルクスの剰余価値とは、生産諸手段の所有者によって、等価物の提供なしに取得される価値総額の一般的形態であって、この形態はマルクスによって、はじめて発見されたのである。と。