定年後に読む資本論
23章、第1節、資本の構成が不変の場合における蓄積にともなう労働力需要の増大
資本蓄積増殖下で、労働者階級はどうなるのか。

資本は不変資本(生産手段)と可変資本(労働力)から構成される。この有機的構成比率が同一下で資本が拡大し蓄積が進行する場合は、労働需要は高まり、賃金は騰貴する。しかし賃金が上がろうが資本家と労働者の隷属関係は変わらない。

資本主義的生産は剰余価値生産を目的としているから、搾取度が高まれば賃金は騰貴し続ける。蓄積が減少していけば当然ながら労働の需要は減少、賃金は下落する。賃金の大小を決めるのは蓄積の大小である。

労働者が価値増殖の手段としてのみ存在するに過ぎない社会では、労働賃金も、再生産の規模が拡大される範囲内でのみ騰貴しうるに過ぎない。だから人間は宗教において自分の頭の製作物に支配されるように、資本主義的生産においては、自分の手の生産物に支配されるのである。

ここをクリックすると目次に戻ります