定年後に読む資本論

23-3、相対的過剰人口または産業予備軍の累進的生産
資本主義は過剰な労働者人口を絶えず生産する。過剰労働人口は資本の必要に応じて自由自在に動員出来る産業予備軍を形成する。

産業予備軍は急速に生産される。それはひとつには労働者を搾取することにより、ひとつには機械化は労働者を駆逐するからだ。

労働の需要と供給は、資本や労働人口と同じではない。資本は、蓄積によって労働需要を増大すると共に、また労働者を駆逐することによって労働者の供給を増加する。

資本主義の過剰人口の法則は、人口の自然的増減からは独立して存在する。

ここをクリックすると目次に戻ります