定年後に読む資本論

24章、 第4節、 資本家的借地農業者の生成
資本家は最初どこからきたか。

農民の収奪が作り出したのは大土地所有地。

英国では最初農奴であった土地管理者が、借地農業者になる。

彼らの富を急速に増大させたのは、農業革命であり、16世紀における貨幣価値の著しいげらくであった。農産物価格の騰貴は、借地農業者の貨幣収入を激増させた。

16世紀末、英国では相当裕福な「資本家借地農業者」という階級が存在していた。

ここをクリックすると目次に戻ります