定年後に読む資本論
第1篇 第3章 貨幣または商品流通 第3節 貨幣 A蓄蔵貨幣 B支払手段 C世界貨幣
A、蓄蔵貨幣の形成

2つの相対立する商品変態販売と購買の流動的転換は、販売がそれに購買に補われなくなるや、貨幣は不動化する。金は本来の貨幣であり、それ自身価値を内蔵し、保蔵するするゆえに非流通手段として蓄蔵の対象になりうる。

B、支払手段

商品流通の発展とともに商品の譲渡とその価格の実現とを分離する諸関係が発展する。販売者(債権者)

購買者(債務者)商品変態の変化を反映して貨幣は支払い手段という機能を受け取る。

C、世界通貨

商品流通の部面が国内流通から世界流通へと移るとともに商品世界において、一般的等価物として機能する貨幣、すなわち貴金属も国内流通の制限を突破する。そして世界的な商品市場に対応したもっとも普遍的な一般的等価物となりあらたに世界貨幣としての規定を受ける。ここにおいてはじめて貨幣は自然形態が同時に人間労働一般の直接に社会的な実現形態となる

ここをクリックすると目次に戻ります