35年ぶりの北京

弟協治と35年ぶりの北京をツアーで訪れた。 北京は何もかもすっかり変わっていたが、あの広大な天安門広場から故宮博物院への16500歩は、昔のままだった。弟は北京のすごさにすっかり興奮し、体調不良も吹っ飛んだ。

パンダ(北京動物園)、故宮博物院、いわ園、万里の長城、天壇院、天安門広場、景山公園等北京の主要見学ポイントは、現地スケッチした。現場スケッチは写真より自分の印象に強く残る。しかし、北京の高層化ビル群はあまりにも衝撃的で、久しぶりに見た北京の変貌にスケッチする衝動も起きなかった。中国はすごい。中国はすっかり昔の中国とは違ってしまった。

ここをクリックすると表紙に戻れます。