スペインスケッチ旅行

20084月 加納さんを中心とする絵の仲間7名でピレネー山脈の麓 秘境とも言われる村々を訪ね スケッチ紀行を楽しんだ旅は全日快晴に恵まれ、中世ロマネスク建築の美しさを存分に楽しむことが出来た。


第1日はバルセロナ・海岸リゾートホテルを出発、第2日は中世石造りの橋を今も残すベサール、第3日は雪のピレネー山脈を峠越えソルトに至り・第4・5日は断崖絶壁の上に中世の城と街々をそのまま残すアルケサルで連泊、スケッチを楽しんだ。



             







  


第6日は巡礼の道、女王の橋で知られているプエンテ・デ・レイナを訪問。ここのホテルで初めて日本へ持参パソコンが通信可能となり早速連日300kmのドライブの模様を友人にメール。

         

第7・8日は、村の周囲を深い谷で囲むカラタナソルに連泊、城址や寂れた民宿の風景そして広大な田園など何枚も写生する。早朝は寒くて手袋が必要なのに、昼の強い日差しには頭がフラフラ、水を何杯も飲む。





  




第9・10日は、城を中心に絶壁にびっしりと家々がひしめくアルバラシンに連泊。道幅2mもないのに、両側には、5・6階建ての古い民家が建ちこめ、そんな町並みを何枚もスケッチする。







アルバラシンの街は、どこを歩いてもスケッチポイントになる。このスケッチを原画に帰国後20号の絵に描きなおしたが スケッチは、矢張り現地で座り込んで描いた一枚にこそ愛着を感ずる





第11日は地中海に浮かぶペニスコラの古城をスケッチする。すでにスペインスケッチは20枚にも及ぶ。


第12日ペニスコラからバルセロナまでを高速道路で走る。今回のレンタカー走行距離計2500km、ドライバーは日本から同行した原氏。原氏は車の運転手、ツアーガイド兼スペイン語通訳の3役を果たす。氏はスペイン在住25年の経験を持ち、読書4700冊という驚異の読書家でもあり、豪快なタイプ。

        




        










第13日、バルセロナでは幾つもの世界遺産を見学、イスラム教とキリスト教の壮絶な激突の歴史を偲び、インカ帝国の富を収奪したスペイン帝国の残忍さを想起し、ファッシズムとの闘いに敗北した人民戦線の歴史を悲しみ、多くの芸術家がスペインの情熱を表現しようと挑戦した作品の数々を見つめ、スペインならではの感動を胸に、5月1日パリ経由で日本に帰国。全員スペイングルメですっかり太ってしまい、顔を見合わせて笑い出す。既成のツアー旅行なんかではとても味わえないスペイン料理の極上の美味しさにスペインを立ち去り難く思う。それにしてもどうしてスペイン人の御腹はあんなにでっかいのだろうか?

ここをクリックすると表紙に戻れます