1985年7月25日上海錦江飯店にて描く


第2次世界大戦直前の1930年 5月 上海フランス租界。
朝日新聞 中国特派員の 尾崎秀実氏はドイツ人記者リヒアルト・ゾルゲ博士、米人作家アグネス,スメドレー氏とここ上海錦江飯店にて
始めて出会い、 あの世紀の
大ドラマが始まった。

 

下記「中国に関する読書ノート」をご覧下さい。






画面をクリックすると次画面に、ここをクリックするとホームページに戻ります

中国に関する読書ノート

本の題名 著者 概要
ゾルゲ事件とジャーナリズム 篠田正治 ゾルゲ事件を映画に。それがライフワーク。
国際スパイ、ゾルゲの真実 NHK取材 ゾルゲ事件は、20世紀最大の思想戦。
中国歴史の旅(1) 陳舜臣 歴史と共に中国をゆっくりと歩く
中国歴史の旅(2) 陳舜臣 万里の長城、十三陵、宦官、アヘン戦争、
上海歴史ガイドブック 木之本誠 上海和平飯店から見た黄浦江の思い出
現代中国文化探検 藤井省三 現代北京、上海、香港、台北を歩く
中国史 尾形 勇 人間を知りたいなら、歴史を学べ
中国思想について 福永光司 中国は、欲望を抑制、精神を重視する
論語とは何か 貝塚茂樹 黄河文明に何故宗教は芽生えなかったか
荘子 福永光司 実存とは自分の生き方を問うことです
中国語と近代日本 安藤彦太郎 中国語教育は維新後裏通りでした
実践論・矛盾論 毛沢東 矢張り何度読んでも今世紀最高の哲学書
八路軍の日本兵たち 香川孝志 何故、日本兵捕虜は反戦兵士になったか
かぶと山 安東会 東洋紡満州工場敗戦5年間壮絶な手記