1987/10/8 韓国・慶州 仏国寺にて

慶州。韓国の奈良。仏国寺石窟の釈迦菩薩像の穏やかなお顔を拝見していると、シルクロードの仏教文化は遠くインドに発し、中国を経てここ慶州仏国寺から大和の国、奈良の都へ渡ったと素直に肯ける。 ウリナラ(ハングルでは我が国=奈良の語源?)は奈良の故郷でもある。
(下記 読書ノートに是非どうぞお尋ね下さい)


画面をクリックすると次画面に、ここをクリックするとホームページに戻ります

近くて遠い国、お隣の韓国を私達はあまりにも、無知でした

タイトル 著者

主な内容

ハングルの旅 芝木のり子 夫を亡くした自分を夢中にさせてくれたのはハングル独習だった
閔妃暗殺 角田房子 日本帝国主義の謀略はこの事件から始った。大陸浪人の中には与謝野鉄幹もいた。
韓国の歴史 国定教科書 韓国小学校社会科教科書(日本帝国主義の実態はこうだった)。民族の歴史を今韓国では次世代にしっかりと教えようとしている。
ハングルの世界 金両基 世宗大王はこうして国字創制=訓民正音=ハングルを創り上げた。
朝鮮ー民族、歴史、文化ー 金達寿 韓国の歴史を、小説家の筆で書き上げた。さすが、その怒りは切々と読む者には伝わってくる。
アリランの歌 キムサン 日本帝国主義に抵抗した、現代史の忘れられない英雄キム・サン氏の生涯。最後の1ページの衝撃は忘れられない。
アリランの歌覚書 李灰成 英雄キムサンの最後を知りたい。今もひっそりと生きる米国エドガー・スノー女史を訪ね、貴重な証言をまとめた。
日韓併合小史 山辺健太郎 日本帝国主義はこうして韓国の主権を奪った。史料に基く胸痛い韓国現代史。
朝鮮と私ー旅ノート 萩原遼 朝鮮戦争はどちらが仕掛けたのか。金日成とは誰か。膨大な史料を調査して、歴史の真実に迫る。
街道をゆく

韓のくに紀行

司馬遼太郎 近くて遠い国、韓国。私は韓国を知る1冊を推薦せよと言われたら、迷わず本書を読んで下さいと推薦したい。
ソウルと平壌 萩原遼 虚偽に包まれた国、金日成は偉大な指導者どころか、稀代の詐欺師だと暴露する元赤旗平壌特派員。すごい迫力のある言葉。