ストーリーをスナップ写真で追って観る ストーリーをスナップ写真で追って観る

 西川尚武 昭和13年(1938年) 5月30日 東京都中野区沼袋にて誕生




父鋼蔵(画家)・母タマ・姉雛子 東京沼袋自宅前

、高級住宅街で隣家速水氏は戦後経団連会長,。


初めての海外出張 台湾・香港そして、フィリッピンへ1ヶ月の技術サービス


目黒高校国文班の仲間、今も交流が続く友もいる。
受験勉強そっちのけで作家宮本百合子に熱中全集読破

目高友人伊東大作君(奈良文化財研究所勤務)、奈良、亀石にて
  

ウズベキスタン・ 中山恭子大使公邸にて 
ソ連崩壊後 紡績産業再建のJICAコンサルタント駐在

日本産業考古学会と共に、台湾の鉱山見学ツアー
博物館創設に際してこの学会には随分お世話になった

モンゴルへ日本繊維技術士センターの皆様と共にツアー
「技術士」とは、技術者に与えられる「博士」に並ぶ国家資格


   母を囲んで西川家 全
母を囲んで、西川家の家族全員集合
僕は長男、5人兄弟そしてその家族たち

息子2人と一緒に 和食カニ料理屋の店先で写す
オヤジのズングリムッツリに比較して2人のイケメン
      

    新婚初正月の2人、西川尚武(29歳)と孝子(26歳)西宮。東洋紡社宅にて


新婚時代は、休日には必ず2人で近くに散歩に出た。



孝子実家を訪ね年老いた母を囲む。



研三東大(工学部電子工学)入学 孝子人生最高の笑顔



西川孝子。2004年1月6日没 享年62歳
皆様から話易い人、相談出来る人と評されていた

研三・優子、イタリアフィレンツェにて本場のパスタは美味い
次男夫婦は毎年秋にヨーロッパに観光旅行


イタリア・コモ湖畔にて、次男研三と優子夫人
2人共、TOEIC 950点の英語通



吉田ご夫妻・研三優子夫妻・そして西川尚武
チェコ、オーストリア、ドイツを3家族で観光

次男岳父 東大名誉教授 吉田章宏博士一家と会食
東京、帝国ホテルにて 吉田先生がご招待して下さった

スペイン、アルコス・デ・フロンティアにて絵の仲間と
崖上に建つ教会を描く

エベレスト・ヒマラヤを眼下に・ネパール上空を飛ぶ、
手元に[、1000 placas to see before You die]


ピラミッドへの独り旅

エジプト、カイロ、ギザピラミッド・長男 西川哲三
 2006年2月   

ポルトガル、ポルト。ファドを聞きながらのディナー
2012.9


 
 

中国・北京、天安門広場にて 2010年7月、

中国、万里の頂上にて、
2010年7月 

ベトナム。ハロン湾にてクルージングを楽しみ寛ぐ

中国、敦煌、タクラマカン砂漠にて、ラクダに乗ってみる

英国、ロンドン、テームズ川にて
社命によりヨーロッパ全博物館見学調査

カンボジア、アンクルトム・トムにて

パリ、ノートルダム大寺院の屋上よりパリの街を見る

研三、優子。尚武。ポルトガルポルト
ドン・ルイス1世橋上にて

名工大同窓会総会にて講演 「マンチェスターの栄光と没落そして再生
2008年(平成20年)5月
講演全文は、このホームページに載せてあります。是非ご一読を
 

若き日の2人の愛の大切な秘密の時間
京都都ホテル、スイーツルームにて

    ここをクリックして頂くと ホームページの表紙に戻れます