定年後の読書ノート
ストア哲学 ジャン・ブラン著有田潤訳 文庫クセジュ que sais -je? 白水社
セネカ(前4―後65)

哲学的著作「摂理について」「怒りについて」「幸福な生活について」「人生の短さについて」「寛容について」「恩恵について」「自然問題」。寛大な、味のうすい、妥協のおおいストア哲学。人間の愚かさを描く作家として優れている。

ストア哲学

哲学を論理学、自然学、倫理学に区分。カントは「キリスト教の道徳上の教えは、道徳の純粋性の上で、ストア学徒の道徳的概念にまさるものはない」といっている。ストイックな人間とは、徹底した合理主義、強靭な意志、克己努力、独立自尊、禁欲節制を特徴とし、これは、ギリシャ、ローマ文明における一つの思想傾向―ストア哲学―に由来するものである。

賢者

賢者とは、自然にしたがって、すなわち理性にしたがって生きる人のこと。彼は情念からまぬがれていて、傲慢でなく、誠実で敬虔である。ストア哲学の倫理学は、賢者に最高級の性質を帰している。

ここをクリックすると読書目次に戻ります