定年後の読書ノートより
歴史的現在をどう生きるか、弓削 達著、岩波ブックレット
歴史的現在とは、単なる「今」ということではなく、歴史の流れの中で今日から明日へと続いている本質的に新しいと思われるもの、それをいう。我々の中にある平和への想いを見つめてみると、それは被害者意識のみから出発した厭戦平和思想ではないか。加害者意識不在の日本人の平和思想、それは再三アジア諸国から指摘されているごとく、歴史の本質を掴んでいない。しかも、「日本の国は神の国」に代表される如く、アジアへの侵略を謳歌し、他者の立場を考えることのない人達によって、日本の政治は進められてきた。我々は原罪として、これをしっかりと認識する義務がある。

日本国憲法が出来上がった歴史的背景を想い起してみよう。「日本国民は。正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権はこれを認めない。」とある第9条の一句一語を噛み締めたい。戦争を起させないための鍵は、国民が主権者、主権者としての国民の地位を確固として守るもの、それが基本的人権である。基本的人権が守られて、はじめて国家権力を制限することができる。

日本国民は、優れた人権規定を憲法化することが出来た。平和があってこその幸福であり、福祉であり、秩序であり、美しい伝統である。平和がなければ基本的人権は保障されないと同時に、基本的人権が保障されなければ平和は維持されない。

平和というものは、自分のため、自国の為という考え方は、やめるべき。「いずれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」という日本国憲法前文を想起すべきだ。いっさいの武装を捨て、自衛の為の戦争もしない、という第9条の精神を、単なる理想主義と考えないで、世界の緊急の現実問題として意識しなければならない。競争教育に育だてられた子供達の最近の荒廃の姿は、平和を自国繁栄の為の手段としてのみしか考えず、企業内競争、企業間競争、国際経済競争に集約される「企業社会日本」のたどりついた現在の姿に外なりません。今こそ私共一人一人は、平和のためになすべき行動、言論、奉仕がもっともっと沢山あることに気がつかねばならない。

ここをクリックすると読書目次に戻ります