ミネラルいっぱいのヒマラヤの岩塩でお鮨やお刺身で!

たつ郎寿司では、岩塩とオリジナル柚子胡椒でお鮨とお刺身を提供しています。
岩塩と柚子胡椒の相性は抜群です。
3億年から1億5千万年前の汚染とは無縁の海水から出来たゴールドの天然岩塩を、少し荒めの粒になるミルで削って使います。

ゴールドソルトは地殻変動の間にマグマに焼かれた天然の焼塩で風味は少し香ばしくパンチのある黄金色の希少な塩です。

オリジナル柚子胡椒
九州の壱岐の柚子胡椒に手を加えて柔らかい味に仕上げました。


ヒマラヤ岩塩について

ヒマラヤ山脈・パキスタンの高度3,000〜4,000m付近200kmにわたって連なるソルトレンジ。
その山腹の地中深くから産出される高品質の天然岩塩は、ミネラルの含有バランスによって大きくホワイト、ピンク、イエロー、ブラックの4つのカラーに分けられます。
3億年から1億5千万年前の汚染とは無縁の海水から出来た天然岩塩━ディアミール天然岩塩をどうぞ。



◇ミネラルと味の関係◇

ミネラルは、人間が日常活動をする上で無くてはならない元素であると同時に、その薬理作用で重要な働きをしています。
塩の成分のほとんどを占める塩辛さの元であるミネラル・塩化ナトリウムですが、一般に簡単にどこでも手に入る“食塩”と呼ばれる食用塩は、99.6%がこの塩化ナトリウム成分で、約0.4%がその他のミネラル成分です。
塩に含まれるミネラル成分の代表的なものは、塩化ナトリウムの他に、カルシウム・カリウム・マグネシウム・硫酸イオン・鉄・亜鉛・マンガンなどですが、このミネラル成分の量とバランスが塩の色と味の違いを生み出します。
塩化ナトリウム成分が多い塩ほど、舌に刺すような塩辛さがあり、その他のミネラル成分が多い塩ほどその塩辛さが減少します。

各ミネラルはそれぞれ左記表のような食味を呈します。それぞれのミネラル成分が複雑に絡み合うことにより旨みを生み出し、食品の成分と合わさることにより、さらに食味に関して様々な良い効果を発揮します。
このため、海水から塩化ナトリウムだけを取り出した精製塩と呼ばれている食用塩は純度の高い塩ですが、その他のミネラル成分による旨みは期待できません。
近年、特定のミネラル成分を加え、旨みを出す加工塩が増えていますが、特定のミネラル成分の過剰摂取は、健康に害を及ぼす恐れがありますので注意が必要です。ミネラル成分はバランス良く摂取し、間違った情報に惑わされないようにしたいものです。

塩、気にしていますか?

私たちの食生活で“塩”は無くてはならない調味料であり、食品加工においても身近に使われているものです。
日本は、生活用塩の86%を輸入(メキシコ、オーストラリアが主体)の海塩でまかなっています。残り14%が国内産の海塩です。いづれにしても、そのほとんどが海水を原料とし加工された海塩です。
必要不可欠のものであるにも拘らず、私たちは塩のことを知らなすぎるのではないでしょうか?

海塩と岩塩
海塩は海水を汲み上げ天日干しした天日塩か、釜で結晶化させたせんごう塩がほとんどです。
日本では海外から輸入された天日塩を溶かし再加工して作られた塩が多くの割合を示します。
岩塩は約1億5千万年から3億年前の(化学物質で汚染されていない)海水が結晶化し地殻変動により圧縮され地中深くに閉じ込められた塩、太古の海水の化石化したものと捉えることができます。
岩塩には、採掘後粉砕しただけでその後の加工をしていない採掘岩塩と、水で溶かし汲み上げた後、せんごう加工し結晶化させた溶解採鉱塩があります。溶解採鉱塩の中には、後から他の成分を加えたものもありますが、これは加工塩になります。

ディアミール岩塩の主要成分 (財)日本食品分析センター

主要成分100g中 ロトス
(ゴールド)
スノー・ホワイト(ホワイト) ロッソ
(ピンク)
塩化ナトリウム 96.57% 98.66% 95.07%
カルシウム 0.23% 0.075% 0.05%
カリウム 0.60% 0.10% 0.072%
マグネシウム - 0.051% 0.071%
硫酸イオン 0.94% 0.52% -
5.1mg 0.13mg 6.13mg
亜鉛 68μg - 21μg
マンガン 140μg 25μg 27μg




http://www.gplanet.jp/shokuyouen.htmlからの引用させて頂きました。

岩塩のBLOG

ヒマラヤ天然岩塩ロトス(ゴールドソルト) ブロックゴールドソルトブロックのネット販売のサイト

ヒマラヤ天然岩塩ロトス(ゴールドソルト)ゴールドソルトのネット販売のサイト



岩塩の購入したい方はグリーンプラネットへ!TEL!



たつ郎寿司のホームページへ!


人目のお客様です!