冷酒、お燗、両方美味しく飲める酒器で日本酒を!温度で味わいが変わります。お客様のお好みの温度でお飲みください。


冷酒、お燗、両方美味しく飲める酒器で!
お湯を入れれば最後まで暖かい湯せん燗に!氷水を入れれば最後まで冷え冷えの冷酒に!もちろん徳利は錫製でなるべく味わいの有る徳利を選びました。特に吟醸酒を"ぬる燗"で飲むと冷の時とは別の飲み物のような香りとふくみがあります。
湯燗器にしてから思うのですが、ぬる燗、上燗、熱燗とありますが、お客様の感じる温度は同じぬる燗でも様々で難しいです。この湯燗器は自分で温度調整ができますので、お酒の表情が温度で変わることを楽しんでください。これが一番美味しいと決めつけないでお客様に楽しんでもらうのが、たつ郎寿司のスタンスです。

■錫の酒器■
イオン効果が高い錫の酒器は、酒をまろやかで柔らかい味にするといわれています。
その昔は宮中の御神酒器に使用されてきており、中国では昔、井戸の底に錫板を沈めて水の浄化をするとあります。
銅や錫は、熱伝導率が高く保温性も優れているため、早く燗がつき冷酒も涼やかに引き立ちます。
詳しくは錫光さんのHPで!お勧めの酒器も錫光さんで





■直火燗と湯せん燗■
お酒を温める、方法には色々とあります。
鍋に直接お酒を入れてそのまま火にかけるのが”直火燗”です。鍋に接する部分が熱くなりすぎて、アルコールが揮発し、辛い酒になったり焦げた匂いなどが付いたりするので香りが変わってしまいます。
一方、徳利などの酒器に酒を入れ、鍋に水やお湯を入れてお湯を介して温めるのが”湯せん燗”です。

■”湯せん燗”種類■

1、鍋に水を入れて沸かす方法。徐々に温度が上がっていくので、途中で香りがとんでしまいます。
2、鍋のお湯を熱湯にして漬ける方法。酒器が急激に過熱されるので、アルコール臭がきつくなり、酒器を引き上げた後も温まった酒器の影響で燗が進んでしまいます。
3、約80度に保ったお湯の中に酒器を付ける。アルコールが飛び始める温度よりも低いので香りが飛ばず、温め過ぎる事も無いので、辛すぎるお酒になる事もありません。


■酒の旨みを出す魔法の温度!ぬる燗■
燗で飲むなら、35〜40℃ぐらの人肌燗〜ぬる燗が理想的。酒のよい香りが立ち、コクや旨味が味わえます。特に人間の体温に近い「ぬる燗」にすると弱ったからだに負担をかけません。寒いシーズンだけでなく、暑さや冷房でバテがちな夏の終わりにも、減退した食欲を復活させてくれるなど、嬉しい効用もあるといわれています。

お酒の紹介

大山 八海山 がざんりゅう すずね 東北泉 白岳泉 浦霞 だっさい まつもと 出羽桜 喜久泉 立山 金陵 三重錦

 
たつ郎寿司のホームページへ!

人目のお客様です!