目次 九州の歴史 熊本の歴史 阿蘇の歴史  全国の阿蘇地名
全国における阿蘇(アソ)という地名や山河名称
阿蘇・安曽・安蘇・阿祖・阿曽
このページでは、全国の“アソ”という地名や山河名等を調べています。市町村統廃合による地名変更により既に無くなっているいるものもありますが、過去の記録や住民の記憶に留められているものもあり、それらを掘り出し古代人の足跡を探ってみます。ちなみに平成の大合併により平成17年2月 阿蘇郡一の宮町、阿蘇町および波野村が合併し阿蘇市が誕生しました。注@一部に公共施設等含む。
神話の世界
古事記は日本最古の歴史書(上・中・下3巻構成)。

 古事記は、天武天皇が発案し、711年元明天皇の命により太安麻呂(〜723年)が、帝紀・旧辞を基に712年に編纂したと言いますが、この太安麻呂は多氏一族で家伝ではないかとも言われています。一方、平安時代の偽書とか後世の作ではないかとも疑われています。内容は一般に神話的で文学的な要素が強いと言われています。しかし、作り話の中にも真実が秘められていると確信しています。
  ◇上巻:天地創造、神代  ◇中巻:神武天皇〜応神天皇 ◇下巻:仁徳天皇〜推古天皇
神武天皇東遷
 中巻の神武天皇章によると、
神武天皇の皇子は、@日子八井命A神八井耳命B綏靖天皇の3人います。
この中で、神八井耳命の子孫は、下記の19支族
あったと伝えられます。
 一説では、これら多氏の祖先は久米部隊(蘇人)ともいい九州の智保郷(高千穂・阿蘇)から大和国十市郡飫富郷(おう)に東遷した後、主に東国を中心として全国に移住したのではないかとも伝えられています。多氏の本拠地である奈良県磯城郡田原元町多字宮ノ内には、多神社(多座弥志理都比古神社=おおにいますみしりつひこ)があります。さらに多神社の西 橿原市飯高町字西垣には、小子部命/武甕槌命を祭った子部神社(こべ)、スガル一座を祭る小子部神社(ちいさこべ)があります。
 ウマシマチ尊は父を饒速日命、母を長髄彦の妹とし、神武東遷後、大和王朝の行事等の基礎を創りました。その後、岩見国(島根県)へ移住したと云います。
 『上代日本正史』原田常治著によると、出雲/大和族である布都御魂の子 素佐之男尊の第五子がニギハヤヒ尊(大物主神)で娘 伊須気依姫(御歳神)は、伊邪那岐命/伊邪那美命→天照大神を祖とする日向一族である神武天皇と結婚し、皇子 八井耳尊のまた皇子が阿蘇神社に祭られている健磐龍命になります。
 また、健磐龍命は高千穂から阿蘇谷に向かう途中に幣立神宮や草部吉見神社に立ち寄った。健磐龍命は草部吉見の姫をお嫁さんにもらった。ちなみに 八井耳尊の子には古事記著者の太安万侶の祖先である多臣→おお臣がいらっしゃいます。
 私がアソの地名で調べているのは、この おお臣や八井耳尊の子が大和を経由して近畿、東北に移住している確証を阿蘇神社やアソという地名でつかもうとして探しています。
 一方、『先代旧事本紀』は、藤原不比等(朝鮮半島か中国大陸からの渡来人?)により抹殺された本来の大和朝廷の豪族である物部氏、大伴氏等の伝説を伝えています。ニギハヤヒ尊は天磐船にのり河内国河上哮峰に天降った後、更に大倭国鳥見白庭山に移り住み、鳥見(三輪山付近)の豪族であった長髓彦の妹 御炊屋姫を妃として大和(トミまたは秀真国)を治めました。神武天皇は東遷したときニギハヤヒ尊の兒 ウマシマチ命から統治権印の端寶十種を継承したといいます。
 尚、物部氏の支族には、穂積氏、三河国造、小治連、宇治部連、交野連、六人連、倭志、紀連、若湯坐連、小市直、駿河国造等約80あります。




























◆九州 高千穂・阿蘇⇒


◆奈良県十市郡   ⇒
伊邪那岐命/伊邪那美命→天照大神→ウガヤフキアエズ尊→神武天皇/伊須気依姫→神八井耳尊→19支族
  1. 意富臣→多氏−太氏−太安万侶(古事記著者)
  2. 小子部(ちいさこべ)連→信濃国造。−−−雄略天皇がスガルというものに蚕を集めるように命じたところ、聞き間違え               て子供を献上したところ、笑って養育するように命じ小子部連という名と姓を授け                      ました。天皇の几帳飾り付けや殿舎清掃等の宮中における仕事をした名族。(日本書紀 雄               略6年)
  3. 坂合部(さかいべ)の連
  4. 火の君(筑後、肥前)
  5. 大分君(豊前、豊後国造)
  6. 阿蘇君(肥後、日向、大隅、薩摩)
  7. 筑紫の三家連(古代九州鎮守使)
  8. 雀部臣
  9. 雀部造
  10. 小長谷造
  11. つげのあたい
  12. 伊予国造
  13. 科野国造→信濃国造
  14. 陸奥の石城国造
  15. 常道(常陸)国造
  16. 長狭国造
  17. 船木直(伊勢国造)
  18. 丹波(尾張)国造
  19. 島田臣
全国の“アソ”という地名山河名等
■阿蘇野
 
大分県大分郡庄内町阿蘇野
  • 奈良時代 豊後国日田郡を小国から流れる筑後川の上流を阿蘇川といいました。現在は大山川と変わりました。(豊後国風土記)
  • 大分郡庄内町には阿蘇野があります。

■宮崎県東臼杵郡北浦町
  日向灘側にあります。良港でハマチの養殖が行われる半農半魚の町のようです。南海上の無人島高島は亜熱帯性のビロウの自生地の北限です。

  ・ここには阿蘇天神社があります。
■宮城県本吉郡志津川町阿曽




■福井県敦賀市阿曽(アゾ)
 
若狭湾 野島岬と越前岬の間にある黒崎の北方。神社、仏閣あり。



■兵庫県揖保郡太子町 阿曽
 兵庫県揖保郡太子町 下阿曽
 播磨国 揖保郡太子町の阿曽。また、播磨国には聖徳太子ゆかりの斑鳩寺があります
  高砂も阿蘇と関係があります。


■阿曽(アソ)
 兵庫県赤穂郡上郡町



■岡山県総社市 西阿曽、東阿曽
  • 総社市
    • 阿曽 足守川中流右岸をいいます。
    • 古くから鋳物の生産が盛んであった。吉備津神社の鳴釜神事に用いる釜を製作していました。
    • 奈良〜平安時代には阿曽郷と称し、鎌倉時代〜は阿宗郷と称しました。

     周囲数キロの鬼の城山(400m)の麓に広がる地域(東阿曽、西阿曽、黒尾、久米、奥坂)を阿曽と言います。
    岡山市吉備津には吉備津神社があります。お釜殿のお釜神事はお釜の鳴り方によって吉凶を占と上田秋成の「雨月物語」に記載されています。この行事に携わる巫女を阿曽女(あぞめ)といい、代々阿曽出 身の女性がつとめているそうです。

  •  一方、肥後国阿蘇神社には、御田祭りの行列に神様の昼食を運ぶ14人のウナリという女性がいます。阿蘇神社地域に在住する女性で この役に選ばれることは名誉なことといわれ、また、参加すると病気しないとも伝えられています。

  •  吉備には「温羅伝説」があります。昔話の桃太郎の原型でしょうか。吉備地方は桃がよくとれるのでしょう。神武天皇が東遷したとき、阿岐国の多邪理宮(呉市宮原 八咫 烏神社)に70日〜7年滞在した後、吉備国にさしかかった時期は春で、桃や桜の花が咲き誇っていたと言います、一行はこの地に高島宮(児 島湾の高島に 高島神社があり祭神は神武天皇)に3〜7年とどま り、塩技術、漁労を学び船団・食料を整えて大和に向かったと言い ます。

  •  また、吉備国北方の美作に湯郷温泉がありますが、南に安蘇という地名があります。東の播磨国 揖保郡太子町にも阿曽があり、これらの地点を結ぶと三角になります
     これらの地域は、九州から神武天皇集団が東遷していった後 に地名を残したのかもしれないと勝手に想像しています。

  •  古代、大和に匹敵する勢力を誇っていた吉備国は、鉄が生産され鋳物の町として栄え、全国第4位の「造山古墳」等いたるところに古墳を残しています。背後の鬼ノ城の崩崖を“あず”と呼んだとも言います。

■岡山県美作町安蘇
  • 杉大明神の祭神は阿蘇津彦命・阿蘇津媛命で阿蘇宮と言います。美作介藤原貞道により阿蘇村と定めたとも伝えられます。(公文村誌)
  • 鎌倉時代 北条氏一族阿曽弾正少粥が鎌倉から落ちのびて住み阿曽と称しました(東作誌)

阿曾毛(アゾウケ)
  岡山県新見市



■阿曽淵(アソブチ)
 岡山県新見市



■阿曽池(アソイケ)
 岡山県小田郡矢掛町



■上阿曽(カミアソ)
 岡山県苫田郡鏡野町




阿蘇岩(アソイワ)
  ⇒
北海道石狩郡当別町
    石狩湾・平野を一望できる雄大景観。主峰418m柴山(アイヌ語で柴木の多い山
    )と言ます。道内にはあちこちにあり霊山(「アイヌ語地名リスト」H13.3北海道環境
    生活部刊行 (財)アイヌ文化振興研究推進機構)
    石狩川や当別川近くにはアイヌがコタンをつくり鹿やさけを獲っていました。古代
    には竪穴式住居にすみ石鏃をもちいていました。(当別史)
    仙台藩主 伊達邦直は戊辰戦争後、1871年 当別を開拓しました。M29年 伊
    達邦直命を祭神として村社阿蘇神社を創立。その後、S42年に当別神社と改称
    されました。“あそ山のしげる木立をふみわけて住み見し月の今も替わらず”(伊
    達邦直)(出典:参考:「わたしたちの当別」当別町郷土読本研究委員会偏、「当別
    の歴史を刻む碑」鍛冶俊幸編集発行)


■阿蘇岩山(アソイワヤマ)
  ⇒
北海道厚田郡厚田村(石狩市)
    厚田村は、本州からの入植者が開墾した地域であり、“望来”地区では北海道
    では珍しい獅子舞が残っているそうです。尚、現在山頂には自衛隊の基地があり
    立ち入れないそうです(地元Kさんの報告)


阿蘇ケ岳  
 ⇒青森県南津軽郡大鰐町 
  温泉が多いところです。

  
  <車中から大鰐町温泉付近>
・平成19年夏、はからずも東北遺跡めぐりをした折、岩木山麓の嶽温泉から弘前を経由して、車で7号線を秋田県鹿角市大湯温泉近くの大湯環状列石(ストーンサークル)へ向かう途中、矢立峠の手前にある県境 碇ヶ関(江戸時代関所跡)手前で大鰐温泉を通過しました。
今回は連れがおり見学予定に入っていなかったため、夢中で景観を確認しょうとしたが、その間もなく視界から消えました。今度、機会を作り見学したいと一人ひそかに思いました。





                                                 

阿蘇辺の森
 ⇒青森県の津軽富士とも言われる秀麗な岩木山(いわきさん/いわきやま)は、その昔“アソベの森”と呼ばれていたようです。“アソベ”は一説によると「火を噴く」の意味があり、「火を噴く森」という事になります。また、岩木山は「往来山」、「岩木山」、磐椅山とも記されました。現在、岩木山麓を走る道端に“アソベの森”と記された標識がありました。

  <岩木山を望む>
五所川原市原子狼野長根 津軽富士見ランドホテルから岩木山を北東から望む。裾広がりの富士山形容をした美麗な岩木山が南西にそびえている。2000mを越えているので阿蘇山より高い。夏は雪無く、気温は関東地方と変わらず暑い。
  <東日流外三郡誌古代編によると>
  • 阿蘇辺族は、太古に氷雪原から歩いて東日流に至り、西南東に狩地を求めて分布した東日流最古の先住民で、毛深く、寒さに強く、狩りを得意とし、アベと称する。山地のあそべのもりに住み、石器を用い、山野に狩りをするも、樹下や岩穴に仮寝し住居定まらず。衣は毛皮で、肉・木の実・魚介を食し、火を使用した。冬は地湧湯で過ごす。津保化族に侵略され又、岩木山の噴火や津波により滅びたが、一部は次に続く津保化族と混じる。太祖 は宇曽利。アベとは、生きるるはげませき言葉にて、征く、行かふ、起よ、覚めよの意味。伝説によると、幾万年前、氷雪からケモト・タキなる若き男女が食べ物を求め氷海を経て東日流にたどり着きの古代国王となり子孫を残した云う。東に向けて東日流、流鬼、渡島、飽田、越、出雲及び北筑紫へ移って来た。阿蘇辺族の一族には、阿倍、阿部、安倍、安東、安藤、阿久津、阿保、天内、荒木、相内及び蘇我、曽根、外崎が若干あると云う。
  • 津保化族は、支那又韓国民の一群が船で津軽に漂着し、阿蘇辺族を攻め滅ぼし、海辺に定住したものと云う。ツボと称した。弓矢を使い、繊維の衣を着て、土器を造り、船や家屋を造り、村をなして暮らした。太祖は陀津止利という。馬にて狩りを、船網で漁をした。一部は、壺化山(つぼけもり-鉄鉢山/源八山)に残る。ツボケ山渓に石塔建立し、オテナの塔と云う。朝夕、石を安置又は土像を造りイシカカムイと唱え神を拝した。
  • 荒吐族の祖は安東氏と同じ長髄彦命で、倭族と津保化族は混血し荒吐王国を創る。かって、日本国と称した。その風習はイタコ・ゴミソ・オシラ様に残り又、荒吐族の名残は荒磯神社・洗磯神社・磯崎神社。後に、安東氏は十三湊を開き唐と貿易して繁栄した。
   注@東日流外三郡誌:奥州三春藩主 秋田公の命により寛政〜文政年間に秋田孝季/和田吉次が編纂。古代編には津軽古代王国が記されている。


  <岩木山嶽温泉登山口>
岩城山権現では、今でも津志王丸の姉安寿を祭るため、丹後人の登山を許さずと云う。













 
<嶽温泉>
縄文人の宿
雰囲気と趣のある宿です。岩木山の南西側麓にあります。夏の気候は、関東地方と変わりませんが冬は雪下ろしが大変な様です。かけ流しの温泉にまどろんだあと、。夜は囲炉裏焼き縄文人料理 蟹、貝、魚、野菜等が丸ごと出され豪快でした。酒も美味しく、旅の疲れも吹き飛びました。
     






    
  • 安寿姫の宿












■阿蘇台(アソダイ)
 
⇒東京都小笠原支庁小笠原村


■長野県(塩田平) 安曽(宗)郷  
  ⇒上田市古安曽
  • 平安時代 小県(ちいさがた)郡八郷の一つで阿宗郷といい、塩田荘の前身です。(和名抄)
  • かって、小鎌倉と称された別所温泉の西方、千曲川の南に位置します。後背地には富士山や独古山があります。
  • 小子部氏によって治められた県ということで小県となったという説があります。 (上田小県誌 黒坂周平氏)
  • 独鈷山の峰を安曽岡山といい、その山麓を安曽岡ともいいます。
  • 信濃国造は阿蘇氏と同族と伝えられています。古代九州の阿蘇山麓に住んでいた人達は、東方の奈良へ移動し、大和朝廷設立を支援し、多氏族を編成していたが、氏族の一部は信濃国造として信濃へ派遣され小県郡塩田地方に本拠地を定め、故郷の名をつけたといいます
  • また、多神社を建造した。古くから水田が開けた石神の安曽神社ふきんには条理遺構があります。
  • 鎌倉時代には、塩田庄に後の島津忠久が地頭に任命されている。さらに信濃国守護には北条重時が任命され、その後、北条義政が移り住みました。塩田は信濃の政治・文化・宗教の中心として栄えたようです。
  • 生島足島神社(いくしまたるしま)には、“生気が満ち溢れ諸事満ち足りた”国魂神が宮中同様祭られています。(続日本紀)
  • 金刺氏(かなさし=欽明天皇時代に磯城嶋金刺宮に舎人として仕えた)や他田氏(おさだ=敏達天皇時代に譚語田宮に舎人として仕えた)は、神八井耳命の子孫で安蘇氏と同族といいます。
  • 安楽寺

■阿蘇沼
 千葉県 
阿蘇沼

  ⇒八千代市村上 阿蘇沼の鴛鴦伝説
今から約846年前(1156年)平安時代中期と言いますから平氏が勃興した保元の乱の年頃の事、下総国に阿蘇沼と呼ばれた沼沢地がありました。
この沼沢で平入道真円なる者が一羽の雄の鴛鴦を射落としました。
その夜の事、美しい女が訪れ「日暮るればさそいしものを阿蘇沼のまこもがくれの一人寝ぞうき」と嘆き悲しんで歌を残しました。
翌朝、その雌の鴛鴦は、昨日射止めた雄の鴛鴦のくちばしと合わせて冷たくなっていました。
あわれと無情を感じた真円は、この阿蘇沼のほとりに正覚院を建て鴛鴦の菩提を弔ったと伝えられ現在、境内に鴛鴦塚が立っています。



この阿蘇沼は印旛沼からの川が流れる低地から岡に
なった所の高台にあります。
治22年印旛沼郡の村上村、米本村等の7村が合併して阿蘇村が成立しました。阿蘇村のいわれは、「佐倉風土記」(磯部昌言 1722年作成)中の“阿蘇沼之事”という伝説によると伝えられます。阿蘇沼は、この村上地区に在ったようです。(参考:八千代市立博物館)








■安蘇郡
 
栃木県安蘇郡
  • 782年 安蘇郡(続紀)と記述あり、平城京木簡に“安宗”と記載れています。
  • 下野国府出土の木簡に“安蘇郡”と記載されている下野国の郡でした。
  • 中世には佐野庄として佐野氏が支配した。近世は佐野藩の領地でした。
  • 安蘇山ありました。
  阿曾(蘇)沼:栃木県阿蘇(曾)郡 
  
  ・阿蘇沼に鴛鴦夫婦が住んでおり、漁師が雄を捕らえて帰った夜、夢に美女があら
     われてなぜ夫を殺したのかと泣いた。翌朝、沼へ行くと雌の鴛鴦が嘆き悲しみ死
     んでいた。漁師は感じて出家したという。(沙石集)、(古今著聞集では陸奥の国 
     赤沼の事ともいう)


安蘇川橋(アソガワバシ)
 栃木県佐野市

安蘇沢(アソサワ)
 栃木県日光市


■阿曽:
 
宮城県
本吉郡志津川町

   
阿曽集落が志津川湾と気仙沼間にあります。阿曽神社は見つかりません。


  安蘇郷:宮城県色麻町
  • 平安時代にみえる陸奥国色麻郡内の郷名で下野安蘇郡からの移民開拓もあったようです。
  • 色麻郡色麻郷は播磨国の郡に由来。

■阿蘇郷
 
山形県
阿蘇郷

  • 山形県山形市・天童市近くにあったともいいます。
  • 平安時代の出羽国最上郡の郷。(和名抄)
  • 立谷川の古名は、阿蘇川といいました。
山梨県南巨摩郡南部町 阿曽(アソ)


■阿蘇海(アソカイ)
 
京都府宮津市
  • 奈良時代 丹後国与謝郡 天橋立の内海を言います。
  • 「東海を与謝の海といえり、西の入海を阿蘇の海といえり」(丹後国風土記)
  • あそみとも呼称し、丹後半島北部の網野町遊の浦をさすともいわれます。(丹後与佐海図誌)
  • 阿蘇海には白鳥が飛来するようですが、丹後国には羽衣伝説がありまた、阿蘇にも羽衣伝説があります
■静岡県
 
庵原郡由良町阿僧

■阿曽浦(アソウラ)
 
三重県度会郡南島町阿曽浦
  
阿曽
 三重県度会郡大宮町阿曽

  • 三重県大宮町に阿曾があります。その東北には浅間山があります。阿曾には1751年頃から鉱泉があり、近年になり塩宮に74°の炭酸泉を汲み上げ浴場としました。
  • 安時代の御園として、阿曽御園がありました。
  • 近世では阿曽浦、現在では南島町に阿曽浦があります
■阿曽 (アソ)
 三重県度会郡大紀町
 
■阿曽保
 
岐阜県吉城郡神岡町阿曽保
阿蘇谷道
 
岐阜県/三重県/滋賀県境の三国山付近に阿蘇谷道
  • 三県にまたがっているので三国山875mというのだそうです。北東に烏帽子岳865もあります。熊本の阿蘇五岳の中にも偶然にも烏帽子岳があります。山の形が烏帽子に似ているのでしょうか。岐阜県の時山から三国だけにかけての山道を阿蘇谷と呼ぶらしい。このあたりにはどうもヒルがいるらしい。
神岡町阿曽保(カミオカチョウアソボ)
 岐阜県飛騨市
阿蘇田
 福島県須賀川市横田阿蘇田


■阿曽原谷(アゾバラダニ)
 富山県黒部市
 ・阿曽温泉小屋、阿曽原峠がある。

阿蘇
 愛媛県今治市菊間町河之内阿蘇


■阿蘇山(アソヤマ)
 福岡県朝倉市
 筑後川の近くにある低山(200m)
■阿蘇(アソ)
 
長崎県諫早市多良見町化屋阿蘇

■下阿蘇
 長崎県諫早市多良見町化屋下阿蘇


■阿蘇入
 大分県大分市宮河内迫阿蘇入


■阿蘇野
 
大分県大分郡庄内町阿蘇野


[参考文献]・長野県上田市誌 歴史編(3)東山道と信濃国分寺 

line LN711
TOP button