総合目次 年表

『第2次世界大戦全戦線ガイド』は、巨大な第2次世界大戦の進行を同時並行的にとらえようとした本です。そのための方法として、1年を4半期に分割して「クール」と呼び、各「クール」内に起きた出来事 事件)を3とおりのしかたで記述しています。3とおりとは...

事件をその発生した場所に配置した 事件発生世界地図、完全に時系列に配置した年表、 戦域別に略述した本文の3つです。ここにこの本の骨格となる年表を、全クールとおしてほぼそのまま 掲載します。

『第2次世界大戦全戦線ガイド』をお持ち方も、ブラウザの検索機能が使えるので役に立てていただけると思います。また、より詳細な情報へのアクセス手段として第二次世界大戦についての本を探すための、WW2ブックショップを設けていますのでご利用ください。

(+ マーク、および1920年代以前の前史はこのサイト固有の記述で「第2次世界大戦全戦線ガイド」にはありません。年表中のリンクまたは→マークは、参考資料への(書評がある場合はそこへの)リンクです。

●前史

(17/ 3/15)ニコライ2世退位、翌日ロマノフ王朝倒れる(3月革命)

(17/11/ 7)ペトログラードで社会主義革命起こる(10月革命)


(18/ 3/ 3)ブレスト・リトフスク条約でソビエトとドイツ、オーストリアの講和調印

(18/10/28)キール軍港で水兵の反乱

(18/11/ 3)キール市の労働者と水兵の評議会(レーテ)が武装蜂起 その後、北ドイツへ拡大

(18/11/ 9)ベルリンでゼネスト、スパルタクス団(共産党)の武装蜂起

(18/11/10)ウィルヘルム2世、オランダへ亡命

(18/11/11)イギリスとフランス、ドイツと休戦協定締結 第一次世界大戦終結


(19/ 1/ 4-12)スパルタクス団、ベルリンで蜂起し鎮圧される

(19/ 1/ 5)ドイツ労働者党結成(ナチスの前身。9月に7番目の党員アドルフ・ヒトラー入党)

(19/ 1/15)ローザ・ルクセンブルク、リープクネヒト殺害される

(19/ 1/18)パリ講和会議はじまる

(19/ 3/ 1)朝鮮で万歳事件。三・一独立運動始まる

(19/ 3/ 2)モスクワで第三インターナショナル(コミンテルン)創立大会

(19/ 3/18)イタリア社会党、コミンテルンに参加

(19/ 3/23)ムッソリーニ、「イタリア戦闘ファッショ」を組織

(19/ 5/ 4)講和会議の内容に抗議して天安門広場で五・四運動始まる

(19/ 6/28)ヴェルサイユ条約締結(国際連盟発足)


(20/ 2/25)ドイツ労働者党、25項目の党綱領発表

(20/ 3/13)ベルリンでカップ一揆

(20/ 3/27)ポーランド、ロシアに1772年以前の国境承認を要求

(20/ 4/ 1)ドイツ労働者党、「国家社会主義ドイツ労働者党」と改称

(20/ 4/23)トルコ国民議会、革命政権の樹立を宣言(議長にムスタファ・ケマル)

(20/ 4/25)ポーランド軍、ウクライナへの攻撃を開始(ロシア・ポーランド戦争)

(20/ 5/ 7)ポーランド軍、キエフを占領(ロシア・ポーランド戦争)

(20/ 6/12)ロシア赤軍、キエフ奪回。ポーランド軍に対し攻勢(ロシア・ポーランド戦争)

(20/ 8/10)連合国とトルコ間でセーヴル条約締結(この後、ギリシア軍、トルコに侵攻)(ギリシア・トルコ戦争)

(20/ 8/16)ポーランド軍、フランス軍の援護をうけ、ロシア赤軍のワルシャワ攻撃を完全に撃破。(ロシア・ポーランド戦争)

(20/10/12)ロシアとポーランド、休戦条約に調印(ロシア・ポーランド戦争)


(21/ 2/19)フランスとポーランド、同盟友好条約締結

(21/ 3/18)ポーランドとロシア、リガ講和条約締結(ロシア・ポーランド戦争)

(21/ 9/16)トルコ軍、サッカリアの戦いでギリシャ軍を撃破(ギリシア・トルコ戦争)

(21/11/ 7)イタリアの戦闘ファッショ、「国家ファシスト党」となる


(22/ 4/16)ドイツ、ソ連、ラッパロ条約を締結

(22/ 2/ 6)ワシントン海軍軍縮条約締結

(22/ 4/22)ゲッペルス、博士号を取得

(22/ 9/ 9)ギリシア軍、イズミルでトルコ軍に降伏(ギリシア・トルコ戦争)

(22/10/28)ファシスト党のローマ進軍

(22/12/30)ソヴィエト社会主義共和国連邦の成立


(23/ 1/11)フランス軍とベルギー軍がドイツの賠償不払いに対しルール地方に進駐開始

(23/ 1/26)萩原朔太郎、「青猫」発表

(23/ 3/ 5)シュラゲーターの鉄橋爆破

(23/ 5/19)ルール地方でドイツ労働者40万人のゼネスト

(23/ 9/ 1)関東大震災

(23/ 9/16)甘粕事件。大杉栄ら、行方不明

(23/10/29)トルコ共和国成立、初代大統領ケマル・アタチュルク(ムスタファ・ケマル)

(23/11/ 8)ビヤホール・プッチ(ミュンヘン一揆)

(23/11/15)マルクの大暴落による激しいインフレに対応するため、ドイツ政府が暫定通貨「レンテンマルク」を発行(交換率1兆:1)


(24/ 1/21)レーニン死去

(24/ 6/ 3)フランツ・カフカ死去

(24/ 8/ 5)ロンドン会議開催(ドイツの賠償問題、ドーズ案採択される)

(24/10/11)ドイツ政府が金本位制を基礎とするライヒスマルクを発行。マルクは安定する


(25/ 1/- )ロシア共産党中央委員会、トロツキーを異端と決議(トロツキー失脚)

(25/ 4/22)治安維持法公布

(25/ 5/30)上海で反帝国主義運動、五・三〇事件が起こる

(25/ 6/23)広東で六・二三事件(沙基事件)が起こる

(25/ 7/13)フランス軍、ルール地方から撤退開始

(25/10/16)ロカルノ条約締結(仮調印)


(26/ 2/ 1)アメリカで戦略爆撃論を主唱していたミッチェル、上層部批判を咎められ辞職

(26/ 5/12)ショスタコーヴィッチ交響曲第1番、レニングラードにて初演

(26/ 7/ 9)蒋介石、国民革命軍総指令となり北伐令発令

(26/ 9/ 8)ドイツ、国際連盟に加入

(26/10/10)北伐軍、武漢占領

(26/11/ 9)イタリア、国家ファシスト党の一党独裁となる


(27/ 3/21)北伐軍、上海占領

(27/ 4/12)蒋介石、四・一二反共クーデター

(27/ 5/27)リンドバーグ、大西洋横断単独飛行に成功

(27/ 5/28)日本政府、中国山東省への出兵(兵力2000)を決定。関東軍に下令(第1次山東出兵)

(27/ 6/18)張作霖、北京に軍政府を組織。陸海軍大元帥に就任

(27/ 7/24)芥川龍之介自殺

(27/ 8/30)日本の山東派遣軍撤退

(27/11/ 5)ショスタコーヴィッチ交響曲第2番、レニングラードにて初演

(27/12/ 1)蒋介石、宋美齢の結婚式、上海で開かれる


(28/ 3/15)日本共産党大検挙(三・一五事件)

(28/ 4/ 7)蒋介石の北伐、再開

(28/ 4/19)日本、第2次山東出兵(兵力5000)を決定

(28/ 5/ 3)日本軍と蒋介石の北伐軍が衝突(済南事件)

(28/ 5/ 7)日本、第3次山東出兵を決定

(28/ 5/30)張作霖、北伐軍に押され北京退却

(28/ 6/ 4)張作霖爆殺事件(満州某重大事件)

(28/ 6/ 9)蒋介石の北伐完了(北京入城)

(28/ 8/26)パリでケロッグ・ブリアン不戦条約締結

(28/10/ 8)蒋介石が国民政府主席に就任

(28/11/10)昭和天皇即位礼


(29/ 4/16)日本共産党大検挙(四・一六事件)

(29/10/ 3)ドイツ外相シュトレーゼマン死去

(29/10/24)ウォール街で株価大暴落「暗い木曜日」世界大恐慌の始まり


(30/ 1/21)ショスタコーヴィッチ交響曲第3番「メーデー」、レニングラードにて初演

(30/ 3/12-4/6)ガンジー、塩の行進

(30/ 3/13)アリゾナのローウェル観測所の天文学者トンボー、冥王星の発見を発表(発見は2/18)

(30/ 3/26)宮城外苑で帝都復興完成記念式典開催。関東大震災からの復興を宣言

(30/ 4/22)ロンドン海軍軍縮条約批准

(30/ 9/ 7)オーストリアの数学者ゲーデル、第2回科学認識論会議で「(第一)不完全性定理」を発表

(30/ 9/14)ナチス、社会民主党に次ぐ、第二党となる(第三党は共産党)

(30/10-11)上海で諜報活動中のゾルゲ、このころスメドレーに尾崎秀実を紹介される

(30/11/14)浜口雄幸首相、右翼に襲撃される(翌年死亡)

(30/12/27)蒋介石軍、第1次掃共戦


(31/ 4/12)イスパニア革命。ブルボン王朝滅亡(亡命)第二共和国成立(+

(31/ 5/16)蒋介石軍20万が、第2次掃共戦(+

(31/ 7/ 6)フーヴァー・モラトリアム発効(+

(31/ 7/13)ドイツの主要銀行のひとつダルムシュテーター・ウント・ナチョナルバンクが経営破綻。金融恐慌、ドイツに波及(+

(31/ 9/17)ヒトラーの姪、ゲリ・ラウバル自殺(+

(31/ 9/18)満州事変勃発(柳条湖事件)

(31/10/10)ヒンデンブルク、ヒトラーと初めて会談。会談後「あのボヘミア人伍長は郵政大臣にはなれても首相にはなれない」と語る(+

(31/12/13)若槻内閣総辞職(12/15 参謀本部、関東軍の増強決定)(+


(32/ 1/28)第一次上海事変

(32/ 2/26)日本軍、世界初の、航空母艦群による敵基地の攻撃を実施(+

(32/ 3/ 1)満州国成立

(32/ 4/20)リットン調査団、調査を開始(+

(32/ 7/ 1)ナチス、社会民主党を抜き初めて第一党となる(+

(32/11/18)リットン調査団の報告書、国際連盟で採択される(+


(33/ 1/30)ヒンデンブルクに組閣を許諾されたヒトラー、首相となる

(33/ 2/23)関東軍、熱河作戦を開始

(33/ 2/27)ドイツ国会議事堂放火事件(+

(33/ 3/23)ドイツで全権委任法成立(+

(33/ 3/27)日本、国際連盟を脱退

(33/ 5/10)ドイツの大学都市で焚書(+

(33/ 7/15)インドでイギリスに対する不服従運動開始

(33/ 9/ 6)ゾルゲ、日本に着任(+

(33/ 9/21)宮澤賢治、死去(+

(33/10/14)ドイツ、国際連盟を脱退


(34/ 3/ 1)満州国、満州帝国となる

(34/ 3/24)アメリカ、フィリピンの独立を承認

(34/ 6/30)ヒトラー、突撃隊(SA)幹部を粛清

(34/ 7/ 2)親衛隊(SS)、突撃隊(SA)から独立

(34/ 8/ 2)ヒンデンブルク死去、ヒトラー首相、総統を兼ねる

(34/ 9/ 5)ニュルンベルク「統一と意志の党大会」開催(映画「意志の勝利」撮影)(-34/ 9/10)(+

(34/ 9/18)ソ連、国際連盟に加盟

(34/10/15)中共紅軍の長征が開始される

(34/10/24)ガンディー引退。ネルー、国民会議派指導者となる


(35/ 1/ 7)フランス・イタリア ローマ協定締結(イタリアのエチオピア侵攻をフランスが了解)(+

(35/ 1/13)ザール地方、ドイツに復帰

(35/ 3/16)ドイツ、ヴェルサイユ条約軍事条項を破棄、再軍備宣言

(35/ 4/11)イギリス、フランス、イタリアがストレーザで会議を開く(ストレーザ戦線の結成)

(35/ 5/ 2)フランス・ソ連相互援助条約締結

(35/ 6/18)イギリス・ドイツ海軍条約

(35/ 7/25)コミンテルン第7回大会、モスクワで開催(人民戦線テーゼ)(-8/25)(+

(35/10/ 3)イタリアのエチオピア侵攻(-36/ 5) ストレーザ戦線崩壊へ

(35/10/15)ドイツに最初の機甲軍団(3個師団)が編成される(+


(36/ 1/15)日本、ロンドン軍縮条約会議から脱退

(36/ 2/26)二・二六事件

(36/ 3/ 7)ドイツ軍、ラインラントへ進駐

(36/ 5/20)ショスタコーヴィッチ交響曲第4番完成。共産党の意向に沿わない恐れがあったため初演は行なわれず(+

(36/ 6/15)ドイツ国防軍最高司令部、歩兵、砲兵の要望により「突撃砲」の開発を指示(+

(36/ 7/18)スペイン内戦はじまる(-39/ 4/ 1)

(36/ 8/ 1)ベルリン第11回オリンピック開催(-36/ 8/16)(映画「民族の祭典」「美の祭典」撮影される)(+

(36/10/ 1)スペインのフランコ将軍、総統となる

(36/10/24)スペイン政府軍にソ連の援助物資到着

(36/11/25)日独防共協定締結

(36/12/12)西安事変起。蒋介石、内戦の停止、一致抗日を約束(+


(37/ 4/26)ドイツ・コンドル軍団のゲルニカ空襲

(37/ 5/ 8)シェンノート、インストラクター兼アドバイザーとして中国へ向け出発(+

(37/ 5/17)イギリスでジョージ6世の戴冠式が行なわれる(+

(37/ 6/11)スターリンの軍部粛清はじまる(-1938)

(37/ 6/24)ヒトラー、軍に「赤作戦」(対フランス)「緑作戦」(対チェコ)等の準備を指示

(37/ 7/ 6)スペイン政府軍、ブルネテで反撃(失敗)

(37/ 7/ 7)蘆溝橋事件で日華事変(支那事変)始まる

(37/ 7/18)ミュンヘンで「ドイツ文化2000年祭」「大ドイツ芸術展」。翌19日 隣接会場で「頽廃芸術展」(5ヶ月間)(+

(37/ 8/13)第二次上海事変(8/9上海で日本人大尉殺害-11/11日本軍上海制圧)

(37/ 8/15)日本軍、九六陸攻による世界初の渡洋爆撃で南京、南昌を空襲(+

(37/ 8/22)華北の紅軍、国民革命軍 第八路軍へ改編。総指揮官朱徳(+

(37/ 8/24)日本で国民精神総動員実施要綱が閣議決定される(+

(37/ 9/19)日本軍、南京に対する計画的無差別爆撃を開始

(37/ 9/23)第2次国共合作(抗日民族統一戦線)

(37/ 9/28)国際連盟、日本の中国都市空爆に対する非難決議を全会一致で可決(+

(37/10/12)華中以南の紅軍、新四軍へ改編(実働は38/4)(+

(37/10/21)ムッソリーニ訪独、このとき「枢軸」という言葉が生まれる。

(37/11/ 2)日本、ドイツを通じ蒋介石政府に講和を申し入れ(+

(37/11/ 5)日本軍、上海中国軍の背後、杭州湾に上陸(+

(37/11/ 5)ヒトラー、秘密戦略会議で「生存圏」確保の戦争決意を表明(ホスバッハ文書)

(37/11/ 6)日独伊三国防共協定締結

(37/11/20)中国国民政府、首都を重慶に移す

(37/11/21)ショスタコーヴィッチ交響曲第5番、レニングラードにて初演(+

(37/12/10)日本軍、南京を占領

(37/12/14)日本、北京に「中華民国臨時政府」を成立させる(+

(37/12/15)スペイン政府軍、テルエルで反撃(失敗)

(37/12/17)中国、ドイツを通じて日本に和平提案(+


(38/ 1/16)日本「爾後、国民政府を対手とせず」の声明を発表(+

(38/ 2/23)中国のソ連義勇空軍、台湾の日本軍航空基地空襲(+

(38/ 3/12)ドイツ軍、オーストリアへ進駐。翌日、同国を併合

(38/ 3/27)日本軍、台児荘へ進む(大敗)(+

(38/ 4/14)日本軍、徐州攻略作戦を開始(+

(38/ 5/16)日本軍の徐州攻略作戦により中国軍が退却を開始(+

(38/ 5/20)日本上空に中国空軍爆撃機(B-10)進入、反戦ビラを散布(+

(38/ 7/15)日本軍とソ連軍の間で張鼓峰事件発生

(38/ 8/23)日本軍、武漢(漢口)攻略作戦を開始(+

(38/ 9/29)ミュンヘン会談はじまる

(38/ 9/30)ソ連、スペイン政府への援助打ち切り

(38/10/ 1)ドイツ軍、ズデーテン地方へ進駐

(38/10/12)日本軍、広東攻略のためバイアス湾奇襲上陸作戦(+

(38/10/27)日本軍、武漢三鎮(漢口、漢陽、武昌)占領

(38/12/23)スペインでナショナリスト軍、カタロニア攻略開始

(38/12/25)日本海軍・陸軍航空隊、重慶への無差別爆撃開始


●1939

(39/ 2/ 9)日本で国民精神総動員強化方針が決定(+

(39/ 2/16)日本軍海南島を占領

(39/ 3/14)ドイツ軍、チェコスロヴァキア進駐

(39/ 3/22)ドイツ、リトアニアのメーメル地方を併合

(39/ 3/27)ナショナリスト軍によりマドリード陥落

(39/ 4/ 1)スペイン内戦の終結が宣言される

(39/ 4/16)日本軍、五台山掃討戦開始。八路軍と交戦(5/8-6/25)(+

(39/ 4/ 7)イタリア、アルバニア侵攻

(39/ 5/ 3)ソ連外相(外務人民委員)にモロトフ就任(+

(39/ 5/12)ノモンハン事件(-39/ 9/15)

(39/ 5/22)ドイツとイタリア、軍事同盟を締結(鋼鉄条約)(+

(39/ 6/12)国民政府軍、中共新四軍を攻撃

(39/ 8/23)独ソ不可侵条約締結

●第2次世界大戦 開戦

(39/ 9/ 1)ドイツ軍、ポーランド侵攻開始

(39/ 9/ 3)イギリスとフランスがドイツに宣戦布告

(39/ 9/ 7)フランス軍、ドイツに侵攻開始(39/9/17まで)

(39/ 9/14)ドイツ機甲部隊、ブレスト・リトフスクに到達

(39/ 9/15)ノモンハン事件終結(39/ 5/12-)

(39/ 9/16)ドイツ軍、ワルシャワを包囲

(39/ 9/17)ソ連軍、ポーランド侵攻開始

(39/ 9/17)ドイツ潜水艦「U29」、イギリス空母「カレイジアス」撃沈

(39/ 9/27)ワルシャワ陥落

(39/ 9/29)ソ連、バルト三国と相互援助条約を締結し、海・空軍基地をおく(-39/10/10)

(39/ 9/30)ドイツ ポケット戦艦「グラフ・シュペー」が通商破壊戦を開始

(39/10/12)ソ連、フィンランドに対し、バルト三国と同様の条約の締結を迫る

(39/10/14)「U47」、イギリスの軍港 スカパ・フロウを攻撃

(39/10/16)イギリス、初空襲を受ける

(39/10/22)ドイツの磁気機雷敷設攻撃によるイギリス船舶の喪失(39/-1940/3/12)

(39/11/ 5)ショスタコーヴィッチ交響曲第6番、レニングラードで初演(+

(39/11/ 8)オランダ国境のヴェルノでMI6(エム・アイ・シックス)の将校2名が拉致される

(39/11/ 8)ミュンヘンでヒトラー暗殺未遂事件

(39/11/16)チェコでレジスタンスの活動が盛んになり、プラハに戒厳令が敷かれる

(39/11/15)日本軍、南寧侵攻(+

(39/11/17)連合軍、「ディール計画」を採択

(39/11/23)ドイツ戦艦「シャルンホルスト」イギリス補助巡洋艦「ラワルピンジ」を撃沈

(39/11/30)ソ連・フィンランド戦争開始

(39/12/13)「グラフ・シュペー」イギリス海軍の追撃により自沈

(39/12/14)国際連盟、ソ連を除名

(39/12/16)中国国民政府軍、八路軍を攻撃

(39/12/18)イギリス昼間爆撃機、ヘリゴランド上空で大損害

(39/12/28)「U30」、イギリス戦艦「バーラム」を雷撃して損傷させる

●1940 第1クール

(40/ 1/ -)タイでピブン将軍による独裁体制確立

(40/ 1/ 4)ドイツでゲーリングが軍需担当となる

(40/ 1/ 7)ソ・フィン戦争のソ連軍指揮官、ティモシェンコに交替

(40/ 1/11)対フランス作戦の機密書類を所持したドイツ将校、連絡機の不時着で捕虜となる

(40/ 1/14)米内光政内閣(〜7月)

(40/ 1/15)ベルギー政府、イギリス、フランス軍の通過を拒否

(40/ 2/ 4)バルカン諸国、中立を表明

(40/ 2/11)ドイツとソ連が経済・通商協定に調印

(40/ 2/14)イギリス政府、義勇兵のフィンランドへの派遣を許可

(40/ 2/16)「アルトマルク」号事件

(40/ 2/17)ソ連軍、「マンネルハイム線」を突破

(40/ 2/21)アウシュヴィッツ収容所の建設始まる

(40/ 3/13)ソ連の勝利でソ・フィン戦争終結

(40/ 3/16)バルト三国、中立を表明

(40/ 3/18)ヒトラー、ムッソリーニ、ブレンネル峠で会談

(40/ 3/20)イギリス空軍、ドイツの水上機基地を爆撃

(40/ 3/30)汪兆銘、南京に新政府を樹立

(40/ 3/31)第2次大戦最初のドイツの仮装巡洋艦「アトランティス」出撃

●1940 第2クール

(40/ 4/ 9)ドイツ軍のノルウェー侵攻と、イギリス・フランス連合軍の反撃

(40/ 4/27)連合軍、ノルウェーから退却

(40/ 5/10)イギリス軍部隊、アイスランドに上陸

(40/ 5/10)ドイツ軍、フランス侵攻開始。オランダ、ベルギーへ空挺部隊降下

(40/ 5/13)ドイツ軍、セダン、ディナンでミューズ渡河

(40/ 5/14)イギリスで17歳〜65歳の男子対象に地域防衛義勇軍(7月から国防市民軍(ホーム・ガード))の徴募開始(+

(40/ 5/15)イギリス空軍、戦略爆撃を開始。ルール地方初夜間空襲

(40/ 5/15)「U-37」大西洋へ出撃

(40/ 5/16)ルーズベルト大統領、議会に航空機年産50,000機を要求

(40/ 5/18)日本海軍航空隊、重慶爆撃「101号作戦」開始

(40/ 5/26)イギリス軍、ダンケルク撤退「ダイナモ作戦」発動

(40/ 6/ -)ソ連軍、新彊に進駐

(40/ 6/ 3)ドイツ空軍のパリ空襲

(40/ 6/ 4-8)連合軍、ナルヴィクから撤退

(40/ 6/ 5)ドイツ軍、フランス南部に向けて攻撃再開

(40/ 6/ 7)フランス空軍のベルリン爆撃

(40/ 6/ 8)「ユーノー作戦」中の戦艦「シャルンホルスト」、イギリス空母「グローリアス」を撃沈

(40/ 6/ 9)「U-37」帰投、その成功を受けて6月からUボート作戦開始

(40/ 6/10)イタリア空軍のマルタ島初空襲

(40/ 6/10)ムッソリーニ、イギリスとフランスに宣戦布告

(40/ 6/11)日本軍、宜昌占領

(40/ 6/12)イギリス空軍、トリノ、ジェノヴァ、初空襲

(40/ 6/12)日本・タイ条約締結

(40/ 6/14)パリ陥落

(40/ 6/15-16)ソ連、バルト三国を占領

(40/ 6/18)イギリス空軍、ハンブルク、ブレーメン空襲

(40/ 6/18)ヒトラーとムッソリーニ、ミュンヘンで会談

(40/ 6/22)フランス降伏

(40/ 6/24)日本、イギリスにビルマ・ロードの閉鎖を要求

(40/ 6/27)ソ連、ルーマニアからベッサラビアと北ブコヴィナを奪取

(40/ 6/28)ジブラルタルにイギリス海軍H部隊が編成される

●1940 第3クール

(40/ 7/ 1)ルーズベルト大統領、軍艦45隻の追加建造を許可

(40/ 7/ 3)イギリス艦隊、メル・エル・ケビルのフランス艦隊を攻撃

(40/ 7/ 4)エチオピアのイタリア軍、スーダンに侵攻

(40/ 7/ 9)地中海でイギリス、イタリア艦隊、カラブリア沖海戦

(40/ 7/10)海峡の船舶を主目標とした、ドイツ空軍のイギリス攻撃(バトル・オヴ・ブリテン)

(40/ 7/13)エチオピアのイタリア軍、ケニアに侵攻

(40/ 7/16)日本軍、淅江省、福建省の沿岸を封鎖

(40/ 7/18)イギリス、ビルマ・ロード(蒋介石政府援助ルート)を閉鎖

(40/ 7/19)地中海でイギリス、イタリア艦隊、スパダ岬沖海戦

(40/ 7/21)バルト三国、ソ連に併合される

(40/ 7/24-29)日本軍、成都、貴陽を空襲

(40/ 8/初旬)Fw200「コンドル」大西洋で船舶攻撃に加わる

(40/ 8/ 3)イタリア軍、イギリス領ソマリランドに侵攻

(40/ 8/12)ドイツ空軍、攻撃目標をイギリス戦闘機隊の撃滅におく(バトル・オヴ・ブリテン)

(40/ 8/17)ヒトラー、イギリスの封鎖を宣言

(40/ 8/20)中国八路軍、河北全域で大反攻開始(百団大戦)(12月初旬まで)(+

(40/ 8/25)イギリス空軍によるベルリン初空襲

(40/ 8/30)ハンガリーとブルガリアがルーマニアからトランシルヴァニアとドブルジャを奪う

(40/ 9/ 1)大西洋で活動するためイタリア潜水艦、ボルドーに到着

(40/ 9/ 7)イギリス全土にドイツ軍上陸の警報が出される(バトル・オヴ・ブリテン)

(40/ 9/ 7)攻撃目標がロンドンに再変更される(バトル・オヴ・ブリテン)

(40/ 9/ 9)アメリカで艦艇210隻のを建造する法案が通過

(40/ 9/13)7月から中国戦線に展開していた零戦(十二試艦戦)、重慶上空で大勝利(+

(40/ 9/13)北アフリカのイタリア軍、エジプトへ向けて攻勢開始

(40/ 9/23)日本軍、フランス領インドシナ北部へ進駐

(40/ 9/23)イギリスと自由フランス軍、ダカール奪取「メナス」作戦

(40/ 9/24)ヴィシー・フランス空軍、ジブラルタルを報復爆撃

(40/ 9/27)日独伊三国同盟締結(+

●1940 第4クール

(40/10/ 4)ヒトラー、ムッソリーニ、ブレンネル峠で会談

(40/10/ 6)日本軍、百団大戦の奇襲から立ち直り逆襲に転ずる(+

(40/10/ 7)ドイツの軍事顧問、ルーマニアへ入る

(40/10/ 8)イギリス、日本に対しビルマ・ロードの封鎖を拒否

(40/10/12)自由フランス軍のガボン侵攻

(40/10/17-23)Uボート、SC船団やHX船団の商船44隻を撃沈

(40/10/18)ビルマ・ロード再開

(40/10/21)イギリス・イタリア海軍の紅海海戦

(40/10/23)ヒトラー、フランコとアンダイエで会談

(40/10/26)日本軍の「101号作戦」終了

(40/10/26)イギリス客船「エンプレス・オヴ・ブリテン」、ドイツ軍の海空攻撃で沈没

(40/10/27-41/ 4/ 1)ドイツ艦「アドミラル・シェーア」大西洋とインド洋で通商破壊戦

(40/10/28)アルバニアのイタリア軍、ギリシアへ侵攻を開始

(40/11/ 5)ルーズヴェルト3選される

(40/11/ 7)イギリス前首相チェンバレン、71歳で死亡

(40/11/ 8)ギリシア軍、反撃を開始

(40/11/11)タラント基地のイタリア艦隊、イギリス機の空襲で大損害を受ける

(40/11/25)中国がアメリカに義勇航空隊(AVG)の編成を具体的に要請(+

(40/11/26)イギリス艦載機、トリポリ、ロードス島空襲

(40/12/ 2)イギリス・スペイン金融協定

(40/12/ 9)北アフリカのイギリス軍、「コンパス作戦」でイタリア軍に反撃

(40/12/20)ドイツ空軍、イタリア支援のためシシリー島に展開を開始

(40/12/27)ドイツ補助巡洋艦「コメート」ナウル島を砲撃

(40/12/29)ルーズベルト大統領、「民主主義の兵器庫」発言

●1941 第1クール

(41/ 1/ 6)中国国民政府軍、新四軍を攻撃「皖南事変」(+

(41/ 1/21)ドイツ巡洋戦艦「シャルンホルスト」「グナイゼナウ」大西洋で通商破壊戦開始

(41/ 2/ -3/)ドイツ空軍機、Uボートのための偵察を開始するが、連絡不調により戦果あがらず

(41/ 2/ 1)アメリカ海軍は大西洋艦隊、太平洋艦隊、アジア艦隊の3つに再編成される

(41/ 2/ 1)ドイツ重巡洋艦「ヒッパー」、通商破壊戦に出撃

(41/ 2/ 3)イギリス軍の追撃戦、ベダ・フォムの戦いでイタリア軍壊滅

(41/ 2/ 3)日本軍、広東付近に上陸

(41/ 2/ 8-12) 「U-37」、Fw200、「ヒッパー」、HG53とSLS64に対するによる協同攻撃で商船16隻を撃沈

(41/ 2/13)ドイツ重巡洋艦「ヒッパー」、ブレスト着

(41/ 2/14)イタリア領ソマリランドにイギリス軍上陸

(41/ 2/14)ドイツ・アフリカ軍団、トリポリ着

(41/ 2/23)エリトリアに自由フランス軍上陸

(41/ 3/ 1)自由フランス軍、チャドからクフラを占領

(41/ 3/ 4)イギリス軍コマンド部隊による最初の襲撃作戦実施される。目標はロフォーテン諸島

(41/ 3/ 7)イギリス軍部隊、ギリシアに到着

(41/ 3/12)イギリス空軍は新型「ハリファックス」「マンチェスター」を投入しブレーメンを爆撃

(41/ 3/15)ドイツ重巡洋艦「ヒッパー」、ブレスト発

(41/ 3/16)イギリス軍、ベルベラに上陸

(41/ 3/21)ドイツ戦艦「シャルンホルスト」「グナイゼナウ」、ブレスト着

(41/ 3/28)ドイツ重巡洋艦「ヒッパー」、キール着

(41/ 3/28)マタパン岬沖海戦

(41/ 3/30)イギリス空軍、ブレストのドイツ2戦艦を空襲

(41/ 3/31)ドイツ・アフリカ軍団、キレナイカで攻勢開始

●1941 第2クール

(41/ 4/ 3)イラクで親独派のクーデター

(41/ 4/ 4)エチオピアのイタリア軍、首都アディス・アベバを放棄

(41/ 4/ 6)ドイツ軍「マリタ作戦」でユーゴスラヴィア、ギリシアに侵攻開始

(41/ 4/11-)イギリス海軍マルタ襲撃隊が編成され、枢軸側輸送船団の被害甚大

(41/ 4/12)アメリカ軍、グリーンランドに上陸

(41/ 4/13)日ソ中立条約、締結(+

(41/ 4/14)野村大使、ハル国務長官と個人的に会見(戦争回避のための日米交渉開始)(+

(41/ 4/17)ユーゴスラヴィア、ドイツに降伏

(41/ 4/21)日本軍、福州占領

(41/ 4/25)ドイツ軍、レムノス島占領

(41/ 4/27)ドイツ軍、アテネ入城

(41/ 4/30-5/4)ドイツ軍、トブルクを攻撃、失敗

(41/ 5/10)ルドルフ・ヘス、単身、イギリスへ飛ぶ

(41/ 5/10)SSが国防軍諜報部を監視するスパイ「ドルイド」をイギリスへ送り込む(?)(+

(41/ 5/12)イギリス海軍、輸送作戦「タイガー」に成功

(41/ 5/15)日本で罰則を強化するなどした新しい治安維持法が施行される

(41/ 5/15)イギリス軍「ブレヴィティ作戦」で反撃、失敗

(41/ 5/20)ドイツ空挺部隊、クレタ島強襲

(41/ 5/27)イギリス軍、バグダッドへ進撃

(41/ 5/27)ドイツ戦艦「ビスマルク」、イギリス艦隊に撃破され自沈する

(41/ 6/ 1)イギリス軍、バクダッド入城

(41/ 6/ 6)日本軍、重慶夜間爆撃

(41/ 6/15)アフリカのイギリス軍、「バトル・アクス作戦」でドイツ軍に反撃、失敗

(41/ 6/22)ドイツ軍、ソ連侵攻「バルバロッサ作戦」開始

(41/ 6/23)イギリス軍、「エクスポーター作戦」でシリアへ侵攻開始

(41/ 6/26)フィンランド、ソ連に宣戦布告

●1941 第3クール

(41/ 7/ 3)ミンスク戦の終了

(41/ 7/ 7)アメリカ第1海兵旅団、アイスランドに上陸

(41/ 7/ 8)ドイツ軍、レニングラード攻略開始

(41/ 7/ 9)トブルクのイギリス連邦奇襲部隊、包囲するドイツ軍の弾薬庫を爆破(+

(41/ 7/10)フィンランドからのソ連侵攻開始

(41/ 7/11)イギリス軍の「エクスポーター作戦」完了

(41/ 7/16-27)スモレンスクの戦い

(41/ 7/21)ドイツ空軍、モスクワ初空襲

(41/ 7/26)マッカーサー、アメリカ極東軍司令官に任命される

(41/ 7/27-8/31)日本軍の重慶爆撃「102号作戦」

(41/ 7/29)ヴィシー政府、日本軍のインド・シナ基地占領を容認する

(41/ 7/29)重慶でアメリカ軍砲艦に日本軍の至近弾が投下される

(41/ 8/ 7)ドイツ南方軍集団、ウマーニでソ連軍を包囲

(41/ 8/23-9/14)キエフ包囲戦

(41/ 8/25)イギリスとソ連のペルシャ(イラン)侵攻

(41/ 8/25)カナダおよびノルウェーのコマンド部隊、スピッツベルゲンに上陸。住民の撤収が行なわれる。

(41/ 9/ 4)ドイツ軍、クリミア半島へのペレコプ地峡を攻撃

(41/ 9/17)イギリス軍とソ連軍、テヘラン占領

(41/ 9/19)イタリア軍の人間魚雷によるジブラルタル攻撃

(41/ 9/24-10/5)Uボート6隻、地中海へ投入される

(41/ 9/27)エチオピアのウォルシェフィットでイタリア軍降伏

(41/ 9/29〜10/11)最初の北極圏船団PQ1航行

●1941 第4クール

(41/10/ 2)イギリス海軍K部隊マルタ島着、枢軸側船団に対する攻撃開始

(41/10/ 2)ドイツ軍のモスクワ攻撃「タイフーン作戦」開始

(41/10/18)リヒャルト・ゾルゲ、永坂町で逮捕される。(15日 尾崎秀実 逮捕)(+

(41/10/18)東條内閣成立(+

(41/10/24)ドイツ軍、ハリコフ占領(第1次ハリコフ攻防戦)

(41/10/29)ドイツ軍、クリミア半島攻略開始

(41/10/30)泥のため「タイフーン作戦」中断

(41/11/14)空母「アークロイヤル」Uボートに撃沈される

(41/11/16)「ハル・ノート」提出される(日米交渉決裂)(+

(41/11/18)イギリス軍の「クルーセイダー作戦」

(41/11/19)「タイフーン作戦」再開される

(41/11/25)戦艦「バーラム」Uボートに撃沈される

(41/12/ 4)ソ連軍、モスクワの南北で反撃を開始

(41/12/ 7)日本海軍、真珠湾を奇襲攻撃

(41/12/ 7)アメリカ海軍、対日本無制限潜水艦・航空攻撃を下令(+

(41/12/ 8)日本陸軍、フィリピンに上陸

(41/12/ 8)日本陸軍、マレー半島に上陸

(41/12/ 8)日本陸軍、香港を攻撃

(41/12/10)イギリス戦艦「プリンス・オヴ・ウェールズ」「レパルス」撃沈される

(41/12/10)昆明上空で日本軍爆撃隊とアメリカ義勇航空隊(AVG)初めて交戦(+

(41/12/10)日本軍、ルソン島のアメリカ海軍基地キャビテを空襲。弾薬庫が破壊され、多数の魚雷も破壊される(+

(41/12/11)日本海軍、ウェーキ島を攻略

(41/12/17)第1次シルテ湾海戦

(41/12/18)イタリアの人間魚雷によりイギリス戦艦「クイーン・エリザベス」「ヴァリアント」大破

(41/12/19)イギリス海軍K部隊、機雷で壊滅

(41/12/25)ラングーン空襲の日本航空隊(護衛は加藤隼戦闘隊)とAVGが交戦

(41/12/26)イギリス・コマンド部隊の、ロフォーテン諸島攻撃

(41/12/27)Uボート5隻、対アメリカ「パウケンシュラーク作戦」に出撃

(41/12/31)ニミッツ、真珠湾の潜水艦グレイリンク上にて太平洋艦隊司令長官に就任(+

●1942 第1クール

(42/ 1/ 1)日本軍、オランダ領東インド攻略のためボルネオ侵攻を開始

(42/ 1/ 2)日本軍、マニラ占領(+

(42/ 1/11)日本軍、オランダ領東インド攻略のためセレベス侵攻を開始

(42/ 1/11)日本海軍空挺部隊、セレベス島メナドに降下(+

(42/ 1/13)Uボート「パウケンシュラーク作戦」開始、大戦果を上げる

(42/ 1/13)日本軍のバターン半島攻略

(42/ 1/15)日本軍のビルマ侵攻

(42/ 1/17)PQ8船団、Uボートに襲われる

(42/ 1/20)ヴァンゼー会議にて「ユダヤ人問題の最終的解決」が話し合われる(+

(42/ 1/21)ドイツ・アフリカ軍団、逆襲に転じ、キレナイカを奪回、トブルク攻防戦

(42/ 1/23)日本軍、ラバウル上陸成功、ニューブリテン島攻略開始

(42/ 1/24)マカッサル海戦

(42/ 1/31)日本軍、アンボン上陸(+

(42/ 2/ 2-3)日本海軍航空隊、ポートモレスビーへの継続的空襲を開始(+

(42/ 2/ 4)ジャワ沖海戦

(42/ 2/ 7)ドイツの軍需大臣トート死亡、後任にアルベルト・シュペーア

(42/ 2/11)ドイツ海軍、高速戦艦シャルンホルスト、グナイゼナウのイギリス海峡突破作戦を決行

(42/ 2/13)日本軍、シンガポール攻略

(42/ 2/14)日本陸軍空挺部隊、スマトラ島パレンバン油田に降下(+

(42/ 2/19)日本軍、オーストラリア北部を空襲

(42/ 2/20)バリ島沖海戦

(42/ 2/21・28)スラバヤ沖海戦

(42/ 2/24)アメリカ空母部隊、ウェーキ島空襲

(42/ 3/ 1・7)バダヴィア沖海戦、日本軍のジャワ島上陸

(42/ 3/ 4)アメリカ空母「エンタープライズ」マーカス島空襲

(42/ 3/ 5)日本軍飛行艇(2式大艇)、2機で真珠湾を爆撃(+

(42/ 3/ 5)ショスタコーヴィッチ交響曲第7番「レニングラード」、クイビシェフにて初演。好評(+

(42/ 3/ 6)ドイツ戦艦「ティルピッツ」出撃

(42/ 3/ 7)日本軍、ビルマの首都、ラングーンを占領(+

(42/ 3/ 8)日本軍、ニューギニア北岸のラエ、サラモアを占領(+

(42/ 3/10)アメリカ機動部隊の艦載機と基地航空機、ヒューロン湾でラエ、サラモア支援中の日本軍艦船を攻撃(沈没4、損傷7で被害率50%)(+

(42/ 3/11)マッカーサー、フィリピン脱出

(42/ 3/14)日本海軍航空隊、ラエ基地からポートモレスビーへの空襲を開始(+

(42/ 3/17)アメリカ軍、ニューヘブリディーズ諸島、ニューカレドニア島、ソシエテ諸島に小部隊を上陸させる

(42/ 3/24)AVG、日本軍のチュンマイ基地(タイ)を奇襲攻撃、成功(+

(42/ 3/28)イギリス・コマンド部隊、サン・ナザールを奇襲攻撃

(42/ 3/31)イギリス艦隊、セイロン湾脱出

●1942 第2クール

(42/ 4/ 5)セイロン島沖夜戦

(42/ 4/14)アメリカ駆逐艦、初めてUボートを撃沈する

(42/ 4/18)ドゥーリトルの日本本土空襲

(42/ 4/29)日本軍、ラシオに入り、ビルマ・ロード遮断される(+

(42/ 4/29)空母によるマルタ島戦闘機増強作戦始まる

(42/ 4/23-)ドイツ空軍、ベーデッカー爆撃開始

(42/ 5/ 5)イギリス軍、マダガスカル島上陸開始

(42/ 5/ 6)日本軍、フィリピンの攻略を完了させる

(42/ 5/ 7)日本海軍のポートモレスビー攻略作戦により珊瑚海海戦発生

(42/ 5/ 8)ドイツ軍「セヴァストポリ要塞」の攻略に着手

(42/ 5/ 9)空母2隻で「スピットファイア」64機がマルタ島に送られる

(42/ 5/11)萩原朔太郎、死去

(42/ 5/15)日本軍、淅江省、江西省攻略作戦を開始 

(42/ 5/22)加藤隼戦闘隊長、戦死(+

(42/ 5/22)ドイツ軍、追撃してくるソ連軍にハリコフで逆襲(第2次ハリコフ攻防戦)

(42/ 5/26)トブルク正面でガザラの戦い

(42/ 5/30)イギリス爆撃軍団、ケルンに対して初の1000機爆撃を行なう

(42/ 6/ -)連合軍、ラエ、サラマウル、ラバウル、ツラギなどを空襲

(42/ 6/ 3)ミッドウェイ海戦

(42/ 6/ 3)日本軍のアッツ島、キスカ島攻略

(42/ 6/11-16)マルタ島補給「ハープーン作戦」「ヴィガース作戦」行なわれる

(42/ 6/12)プロエシチ油田、アメリカ空軍のB-24に爆撃される

(42/ 6/21)トブルク陥落

(42/ 6/27)PQ17船団、レイキャビックを出港

(42/ 6/28)ドイツ軍「青作戦」開始

●1942 第3クール

(42/ 7/ 1)エル・アラメイン南方のルウェイサト尾根でロンメル将軍の攻勢頓挫

(42/ 7/ 3)ドイツ軍、セヴァストポリ要塞を攻略

(42/ 7/ 3)AVGが正式に解散。翌日、中国空軍機動部隊(CATF)編成(+

(42/ 7/ 5)最初のヒマラヤ越え(ハンプ越え)輸送、蒋介石政府に到着

(42/ 7/ 6)アンネ・フランク、隠れ家での生活を始める(+

(42/ 7/ 7)PQ17船団ドイツ軍の攻撃で壊滅

(42/ 7/ 9)ヒトラー、南方軍集団をA軍集団とB軍集団に分割

(42/ 7/16)ヒトラー、ウクライナのウィンニッツァ近くに本営を移す(ヴェアヴォルフ)(+

(42/ 7/17)ヒトラー、第4機甲軍をB軍集団からA軍集団に移す

(42/ 7/21)ドイツ・アフリカ軍団、イギリス軍の攻撃をルウェイサト尾根でくいとめる

(42/ 7/22)ニューギニアで日本陸軍のポートモレスビー攻略作戦開始

(42/ 7/22)ドイツA軍集団、ロストフへ到達

(42/ 7/29)ヒトラー、第4機甲軍をB軍集団へ戻す

(42/ 8/ 6)ガダルカナル島北方、フロリダ島ツラギ、アメリカ軍に占領される(+

(42/ 8/ 7)ガダルカナル島の戦闘、始まる

(42/ 8/ 7)第1次ソロモン海戦

(42/ 8/10)連合軍、マルタ島救援「ペデスタル作戦」を実施

(42/ 8/12)チャーチル、訪ソ

(42/ 8/17)アメリカ第8空軍、ヨーロッパで初めて単独空襲を行なう(B-17、6機)

(42/ 8/19)連合軍のディエップ上陸作戦

(42/ 8/21)ドイツ山岳部隊、コーカサスの最高峰エリブルスを征服。ヒトラーこの報に攻撃の分散を見て激怒(+

(42/ 8/23)B軍集団、ヴォルガ河に達する

(42/ 8/24)第2次ソロモン海戦

(42/ 8/27)レニングラードでソ連軍攻勢開始(第1次ラドガ湖戦)

(42/ 8/28)夜間駆逐艦輸送「東京急行」の始まり

(42/ 8/30)アラム・ハルファ尾根の戦いでロンメル将軍の攻勢、再度挫折

(42/ 9/09)イ号潜水空母によるアメリカ本土空襲 9/29に第2回

(42/ 9/10)イギリス軍、マダガスカル攻略再開

(42/ 9/15)B-29、初飛行(+

(42/ 9/16)スターリングラード最大級の激戦、ママエフ・クルガンの攻防戦始まる

(42/ 9/23)イギリス軍、マダガスカルの首都タナナリヴ占領

●1942 第4クール

(42/10/10)港湾防備と通商保護のため、日本海軍、軍令部に第12課を設置(+

(42/10/11)サヴォ島沖夜戦

(42/10/12)B-24、Uボートを初撃沈

(42/10/23)エル・アラメインで連合軍が「スーパーチャージ作戦」を開始

(42/10/25)サンタ・クルーズ沖海戦

(42/11/ 4)エル・アラメインのドイツ軍戦線突破され、敗走始まる

(42/11/ 5)マダガスカルの戦い終わる

(42/11/ 8)連合軍、「トーチ作戦」でモロッコ、アルジェリアに上陸

(42/11/ 9)ドイツ軍、チュニジアに空挺部隊を投入

(42/11/12)第3次ソロモン海戦

(42/11/16)アルジェリアを拠点としたアメリカ第12空軍が活動開始(目標:航空基地と補給拠点、港湾)(+

(42/11/19)ソ連軍、スターリングラード地区とモスクワ正面で反撃開始

(42/11/下旬)日本軍、泰緬鉄道の敷設に着手(+

(42/11/20)マルタ島に「ストーンエイジ船団」入港、封鎖解除される

(42/11/22)ソ連軍、スターリングラードでドイツ第6軍を逆包囲

(42/11/24)ドイツ空軍のスターリングラード空中補給、開始される

(42/11/27)ツーロンのフランス艦隊自沈

(42/11/30)ドイツ仮装巡洋艦「トール」、横浜港で爆沈

(42/12/ 8)連合軍、ニューギニアのバサブア、ゴナ占領

(42/12/10)ドイツ第4機甲軍「冬の突風作戦」開始

(42/12/16)ビルマの連合軍、アラカンで反撃

(42/12/19-23)ドイツ軍の救援作戦、失敗

(42/12/24)ダルラン提督(北アフリカにおけるヴィシー政府の代表)暗殺される

(42/12/30)バレンツ海海戦、ドイツ艦隊、JW-51B船団の阻止に失敗

(42/12/31)日本大本営、ガダルカナル撤退を決定

●1943 第1クール

(43/ 1/ 1)ソ連軍、ヴェルキエ・ルーキ奪回

(43/ 1/ 8)ソ連軍、スターリングラードのドイツ第6軍に降伏を勧告。第6軍パウルス将軍はこれを拒否(+

(43/ 1/10)ソ連軍、スターリングラードのドイツ軍に対して総攻撃を開始(+

(43/ 1/12)アフリカを北上してきた自由フランス軍、イギリス軍と合流

(43/ 1/12)カサブランカ会談

(43/ 1/12)ソ連軍、レニングラードで反撃(第2次ラドガ湖戦)

(43/ 1/21)連合軍統合参謀本部、「カサブランカ方針」の中で、アメリカ、イギリスによる「統合爆撃機攻勢(CBO)」を発表(+

(43/ 1/23)イギリス軍トリポリを攻略

(43/ 1/27)アメリカ第8空軍、ドイツ本土を初空襲(ヴィルヘルムス・ハーフェン)(+

(43/ 1/29)レンネル島沖夜戦

(43/ 1/31)スターリングラード南部のドイツ軍、降伏

(43/ 2/ 1)日本軍、ガダルカナル撤退開始

(43/ 2/ 2)スターリングラード北部のドイツ軍、降伏(+

(43/ 2/ 7)アメリカ第12空軍、サルジニア島攻撃(地中海で最初のヨーロッパ攻撃)(+

(43/ 2/ 8)連合軍、ビルマで「チンディット作戦」

(43/ 2/ 9)日本軍、ガダルカナルからの撤退完了

(43/ 2/12)マレト線の攻防始まる

(43/ 2/14)ドイツ軍、カセリーヌ峠で反撃

(43/ 2/14)ドイツの数学者ヒルベルト、死去(+

(43/ 2/15)アメリカ第12空軍、目標にシシリー島を加える(+

(43/ 2/16)日本軍、雷州半島に上陸

(43/ 2/22)ドイツ軍のマンシュタイン将軍、ソ連軍の反撃に逆襲を加える

(43/ 2/26)アメリカ第12空軍が目標に地中海海上の船舶を加える(+

(43/ 2/28)ニューギニア戦線で「81号作戦」

(43/ 2/28)ノルウェー・コマンド、ノルスクにあるドイツの重水工場を破壊

(43/ 3/ 2)ビスマルク海戦

(43/ 3/ 5)イギリス爆撃軍団「ルールの戦い」開始

(43/ 3/ 6)メデニーヌでドイツ軍反撃

(43/ 3/ 8)日本軍、江南侵攻作戦開始

(43/ 3/11)中国にアメリカ第14空軍が発足、年の後半から日本の海上輸送路を攻撃(+

(43/ 3/12)ソ連軍、ヴィヤジマを奪回

(43/ 3/27)アッツ島沖夜戦

●1943 第2クール

(43/ 4/ 4)アメリカ第12空軍のB-17、イタリア本土、ナポリを空襲(+

(43/ 4/ 7)ヒトラー、ムッソリーニ、ザルツブルクで会談

(43/ 4/10)港湾基地に守られたイタリア重巡「トリエステ」、B-17の空爆で撃沈(+

(43/ 4/13)カティンの森でポーランド将校の虐殺死体発見される

(43/ 4/17)ドイツ軍、クバニ橋頭堡でノヴォロシースクに対する地上および航空攻勢

(43/ 4/18)山本長官機撃墜される

(43/ 4/19)親衛隊、ヒムラーの命令でワルシャワ・ゲットー殲滅に着手するが激しい抵抗に遭遇する(+

(43/ 4/28-5/6)42隻からなるONS-5船団を51隻のUボートが攻撃、双方に被害が出る

(43/ 5/ 6)イギリス爆撃軍団、新型航法装置「オーボエ」使用

(43/ 5/12)ワシントンにおける「トライデント会談」で連合軍の戦略が協議される

(43/ 5/12)枢軸軍、チュニジアから撤退、降伏

(43/ 5/14)日本軍、第1次アキャブ作戦で連合軍を撃退、日本軍マンドウ占領

(43/ 5/14)アメリカとイギリス、ルール地方を含むドイツの重要都市に全力での爆撃を開始(+

(43/ 5/15)コミンテルン(第三インターナショナル)、ソ連の政策変更により解散(+

(43/ 5/16)イギリス空軍、ルール地方のダムを爆撃

(43/ 5/16)ワルシャワ・ゲットーが壊滅する

(43/ 5/18)アメリカ第12空軍、パンテレリア島への空襲開始(+

(43/ 5/27)イギリス軍将校の一群がパルチザンと接触のためユーゴスラヴィアに降下

(43/ 5/30)アッツ島守備隊全滅

(43/ 6/ 1-10)アメリカ第12空軍のパンテレリア島空襲、同島制圧のため規模を拡大(+

(43/ 6/ 3)中国軍の反撃

(43/ 6/10)連合軍の「統合爆撃機攻勢(CBO)」発効、目標は工場とドイツ空軍の施設(+

(43/ 6/11-12)連合軍、パンテレリア島、ランペデュサ島を占領(空爆のため事実上無血占領)

(43/ 6/11)デュッセルドルフ大空襲、「ルールの戦い」のピーク

(43/ 6/12)アメリカ第12空軍、シシリー島弱体化のための集中爆撃開始

(43/ 6/16)アメリカ上陸船団攻撃の日本機、ルンガ沖航空戦で大損害を受ける

(43/ 6/21)アメリカ軍ニュージョージア島上陸

(43/ 6/22-7/12)イギリス・コマンド部隊のクレタ島襲撃

(43/ 6/30)アメリカ軍、「カートホイール作戦」開始

●1943 第3クール

(43/ 7/ 5)ドイツ軍、クルスク地区で「ツィタデル作戦」発動

(43/ 7/ 5)クラ湾夜戦

(43/ 7/ 9)連合軍、シシリー島に上陸

(43/ 7/12)コロンバンガラ沖夜戦

(43/ 7/13)「ツィタデル作戦」中止

(43/ 7/13)イギリス爆撃軍団の「ルールの戦い」終了

(43/ 7/15)クルスク地区でソ連軍の反撃はじまる

(43/ 7/17-)ナポリ、ローマ大規模空襲(シシリー島上陸後、第12空軍の爆撃、イタリア本土へ拡大していく)(+

(43/ 7/23)日本軍、中国で福建、江西のアメリカ軍大規模航空基地に中期航空作戦を開始(+

(43/ 7/24)ノルウェーの最新大規模化学プラント、アメリカ第8空軍による昼間空襲で壊滅(+

(43/ 7/24)ハンブルク、レーダー波撹乱箔(「ウインドウ」)を用いたイギリス夜間爆撃機の空襲をうける

(43/ 7/25)ハンブルク、アメリカ軍による昼間空襲を受ける

(43/ 7/27)ソ連軍、キエフ正面でドニエプル河を渡河

(43/ 7/27,29)さらに2回の空襲でハンブルク壊滅

(43/ 8/ 1)ルーマニアのプロエシチ油田を空襲したアメリカ爆撃機が大損害を受ける

(43/ 8/ 2)ポーランド東部のトレブリンカ抹殺収容所で反乱成功

(43/ 8/ 6)ヴェラ湾海戦で夜間輸送作戦中の日本駆逐艦壊滅

(43/ 8/14)ローマ、無防備都市を宣言

(43/ 8/15-16)ウエワク基地の日本陸軍航空隊、ラエ、サラモアの攻撃に成功(+

(43/ 8/17)ウエワク基地、重爆撃機を中心とするアメリカ軍に攻撃され壊滅(+

(43/ 8/17)シュヴァインフルト、レーゲンスブルク空襲でアメリカ第8空軍の爆撃機大損害

(43/ 8/18)イギリス爆撃軍団、ドイツV兵器実験場ペーネミュンデ夜間空襲

(43/ 8/25)アメリカ第12空軍、枢軸側重要基地フォッジャの空襲成功、大打撃を与える(+

(43/ 9/ 2)アメリカ第12空軍の空襲でブレンネル峠、一時通行不能となる(+

(43/ 9/ 4)アメリカ軍、ラエ上陸

(43/ 9/ 6)ドイツ戦艦部隊、スピッツベルゲンを攻撃

(43/ 9/ 3)イギリス軍、イタリア本土上陸

(43/ 9/ 8)連合軍、サレルノとタラントに上陸

(43/ 9/ 8)イタリア降伏、ドイツ軍イタリア各地を制圧

(43/ 9/10)ドイツ軍、サルジニアの守備隊をコルシカ経由でイタリア本土に撤退

(43/ 9/14)ブーゲンヴィル島、ブイン航空戦

(43/ 9/14)小規模のフランス軍、サルジニア島に上陸

(43/ 9/15)イギリス軍、ドデカネス諸島に上陸

(43/ 9/18)ヴェラ島撤退支援、ヴェラ・ラヴェラ海戦

(43/ 9/22)オーストラリア軍、フィンシハーフェンに上陸

(43/ 9/22)ドイツ戦艦「ティルピッツ」、イギリスの「X艇」による攻撃で損傷

●1943 第4クール

(43/10/ 3)イギリス本国艦隊とアメリカ補助空母のノルウェー攻撃で1万3000トンが撃沈される

(43/10/14)アメリカ第8空軍、シュヴァインフルト爆撃で再び大損害を被る(暗黒の木曜日)

(43/10/23)メリトポリが陥落し、ドイツ軍がクリミア半島に封鎖される

(43/10/23)ビスケー湾の駆逐艦戦でドイツ善戦

(43/10/25)日本軍、泰緬鉄道を全通させる(+

(43/11/ 1)日本、「軍需省」および海上・陸上の輸送を統括する「運輸通信省」を設置(+

(43/11/ 1)ブーゲンヴィル島沖夜戦

(43/11/ 4)ショスタコーヴィッチ交響曲第8番、モスクワにて初演。暗すぎると不評(+

(43/11/ 5-12/3)日本軍の「ろ号作戦」で第1次〜6次ブーゲンヴィル島沖航空戦

(43/11/ 6)ソ連軍、キエフを奪回

(43/11/15)日本海軍、海上護衛総司令部を設置(+

(43/11/17)ソ連軍の進撃に、ドイツ軍、ジトミール正面で反撃

(43/11/18)イギリス爆撃軍団「ベルリンの戦い」を開始

(43/11/20)アメリカ軍、タラワ環礁上陸で中部太平洋攻略開始

(43/11/20)ドイツ軍、グスタフ線で連合軍の進撃をくい止める

(43/11/22)「第1回カイロ会談」開かれる

(43/11/22・29)タラワをめぐるギルバート諸島沖航空戦

(43/11/25)台湾の日本軍航空基地新竹、初めてアメリカ軍(第14空軍)に奇襲される(+

(43/11/28)「テヘラン会談」開かれる

(43/12/ 1)アメリカ軍の攻撃によりマーシャル諸島沖航空戦発生

(43/12/ 4)「第2回カイロ会談」開かれる

(43/12/10)日本海軍、初の海上護衛航空部隊「第901海軍航空隊」を設置(+

(43/12/15)アメリカ軍、マーカス岬に上陸

(43/12/24)ソ連軍、ウクライナで反撃再開

(43/12/24)アメリカ第8、9空軍とイギリス爆撃軍団、V兵器を目標とした[クロスボー作戦」開始(-翌年夏)(+

(43/12/25)ドイツ戦艦「シャルンホルスト」撃沈される

(43/12/26)アメリカ軍、グロセスター岬に上陸

(43/12/27-28)ドイツの封鎖突破船「アルスターウーファー」をめぐるビスケー湾の海戦、ドイツ敗北

(43/12/29)ダンピール海峡周辺の攻防戦、持久戦状態から日本軍後退へ

●1944 第1クール

(44/ 1/ -)アッツ島のアメリカ軍が千島列島を空襲

(44/ 1/ 2)アメリカ軍、サイドール上陸により日本軍の退路遮断

(44/ 1/ 4)連合軍、フランスのレジスタンス・グループに補給物資の投下を開始

(44/ 1/ 5)北極圏船団4グループ、ソ連へ送られる

(44/ 1/ 5)カニェフの包囲戦

(44/ 1/ 8)イギリス軍、ラカン方面で攻勢開始

(44/ 1/ -)アッツ島のアメリカ軍、千島列島を空襲

(44/ 1/12)ソ連軍、ポーランド国境を越える

(44/ 1/14)ソ連軍、レニングラード正面で反撃開始

(44/ 1/15)日本海軍の偽装対潜船(日本版Qシップ)「デリー丸」横須賀出撃(+

(44/ 1/16)アメリカ潜水艦ソードフィッシュ、三宅島沖で「デリー丸」を撃沈(+

(44/ 1/19)レニングラード解放される

(44/ 1/21)ドイツ空軍、「シュタインボック作戦」でイギリス本土爆撃開始

(44/ 1/22)連合軍、アンツィオ上陸作戦

(44/ 1/23-31)アラカン、北ビルマの戦闘

(44/ 1/24)イギリス軍、モンテ・カッシノ正面で攻勢開始

(44/ 2/ 1-6)アメリカ軍、クェゼリン島上陸

(44/ 2/ 4)日本軍、ビルマで「ハ号作戦」

(44/ 2/ 6)日本軍水上艦主力をトラック島からパラオ島へ移動

(44/ 2/ 8)ニコポリ陥落。ニコポリは南ロシアにおけるマンガン鉱の中心地(+

(44/ 2/ -)イギリス秘密情報部員フィルビー(実はKGBのスパイ)、リスボンの国防軍諜報部員フィドルムク
     (実はイギリスに潜入中のSSスパイ「ドルイド」の司令係)を支配下に置く(+

(44/ 2/15)アメリカ軍、グリーン島上陸

(44/ 2/17)ウクライナのドイツ軍、コールスンで包囲される

(44/ 2/17-18)アメリカ軍機動部隊によるのトラック島大空襲、艦砲射撃

(44/ 2/18)アメリカ軍、エニウェトク島上陸

(44/ 2/18)RSHA、国防軍諜報部を吸収(+

(44/ 2/19)北ビルマで「メリルズ・マローダーズ」活動開始

(44/ 2/20-25)アメリカ第8、第15空軍、集中爆撃「アーギュメント作戦」開始、ドイツ中、南部の航空機工場を攻撃(+

(44/ 2/20)ノルウェーのレジスタンス、ドイツの重水運搬船をを沈没させることに成功

(44/ 2/21)東条首相兼陸軍大臣、参謀総長も兼任

(44/ 2/22)クリヴォイログ陥落

(44/ 2/23)アメリカ軍機動部隊、サイパン島、テニアン島空襲

(44/ 2/25)アメリカ軍の「アーギュメント作戦」最終日、作戦は大成功しこの週は「ビッグウィーク」と呼ばれる(+

(44/ 2/29)アメリカ軍、アドミラルティ諸島上陸で東部ニューギニアを制圧

(44/ 3/ 5)イギリス軍、ビルマで「サースデイ作戦」による攻勢を開始

(44/ 3/ 6・8)アメリカ第8空軍、「ビッグB」(ベルリン)初空襲で10%以上を撃墜されるが、ドイツ戦闘機の損害も甚大

(44/ 3/ 8)日本軍、「ウ号作戦」でインパール攻略作戦開始

(44/ 3/19-31)アメリカ軍のパラオ大空襲

(44/ 3/20-)ドイツ第1装甲軍のソ連ウクライナ戦線による包囲と包囲脱出戦

(44/ 3/22)デーニッツ、Uボートに「ウルフ・パック戦術」の放棄を命令

(44/ 3/25)イギリス爆撃軍団「ベルリンの戦い」最後の空襲

(44/ 3/30)アメリカ機動部隊によるパラオ、ホランジャ本格的空襲(+

●1944 第2クール

(44/ 4/ 1)連合軍の「統合爆撃機攻勢(CBO)」終了、ドイツ空軍の戦力減殺され、爆撃機の損失率顕著に減少、以後、爆撃目標は石油施設(+

(44/ 4/ 3)イギリス軍、艦載機による戦艦「ティルピッツ」空襲を開始

(44/ 4/ 8)ソ連軍、クリミア半島攻略開始

(44/ 4/ 9)ドイツ第1機甲軍、包囲からの脱出に成功

(44/ 4/14)タルノポリ攻防戦

(44/ 4/17)日本軍「一号作戦」を、その第一段階である「京漢作戦」で開始

(44/ 4/22)ホーランジャ海戦、アメリカ軍の上陸

(44/ 4/30)アメリカ軍機動部隊によるのトラック島第2次大空襲

(44/ 5/ 5)アメリカ第15空軍、プロエシチ油田への大規模爆撃を開始(+

(44/ 5/ 6)アメリカ軍、アドミラルティ諸島占領

(44/ 5/11)連合軍、ローマへ向けて進撃を開始する

(44/ 5/12)アメリカ第8空軍、ドイツの人造石油工場群を集中爆撃(+

(44/ 5/12)ソ連軍、セヴァストポリ占領

(44/ 5/25)ドイツ軍、ドルバー渓谷のチトーを空挺部隊で急襲

(44/ 5/25)日本軍、洛陽占領

(44/ 5/26)ビアク島戦

(44/ 5/27)日本軍、「湘桂作戦」(「一号作戦」の一部)開始

(44/ 6/ 2)連合軍のシャトル爆撃「フランティック作戦」開始される

(44/ 6/ 4)連合軍、ローマ占領

(44/ 6/ 6)連合軍、「ネプチューン作戦」「オーヴァーロード作戦」でノルマンディーに上陸

(44/ 6/ 9)ソ連軍、フィンランドに攻勢を開始

(44/ 6/13)ドイツ空軍「V-1号」飛行爆弾で連日連夜のイギリス本土を攻撃開始

(44/ 6/15)アメリカ軍、サイパン島上陸

(44/ 6/16)北九州八幡に中国から発進したB-29初空襲(+

(44/ 6/17)自由フランス軍、コルシカ島占領

(44/ 6/18)日本軍の「あ号作戦」でマリアナ沖海戦

(44/ 6/21)第2回「フランティック作戦」

(44/ 6/22)イギリス軍、カーンで「エプソム作戦」

(44/ 6/23)ソ連軍、白ロシアで攻勢を開始「バグラチオン作戦」

(44/ 6/24)アメリカ機動部隊による硫黄島空襲。硫黄島上空の大空中戦(+

(44/ 6/25)ドイツ空軍、第2回「フランティック作戦」のソ連側基地を奇襲に成功

(44/ 6/28-)ドイツ小型潜航艇部隊、ノルマンディー橋頭堡に対する襲撃を開始

(44/ 6/29)イギリスの国防軍スパイ全員と自身の司令係が寝返っていたことを知った「ドルイド」、
     ソ連の二重スパイ、キム・フィルビーと協力する(+

(44/ 6/30)アメリカ軍、シェルブール占領

●1944 第3クール

(44/ 7/ 3)ソ連軍「バグラチオン作戦」継続、ミンスク奪回

(44/ 7/ 5)日本軍のB-29中国基地(成都)の偵察、失敗(同7/12,8/3)(+

(44/ 7/ 6)サイパン島の日本軍全滅

(44/ 7/12)ソ連軍、北方でも攻勢を開始

(44/ 7/18)アメリカ第8空軍、カーンへ地上部隊支援の爆撃を実施(+

(44/ 7/20)ヒトラー暗殺未遂事件

(44/ 7/21-8/10)アメリカ軍、グアム島攻略

(44/ 7/23)ソ連軍、ヴィッスラ河畔に到達

(44/ 7/23)連合軍、ピサ占領

(44/ 7/24-8/1)アメリカ軍、テニアン島攻略

(44/ 7/25)アメリカ第8空軍、サン・ローへ地上部隊支援の爆撃を実施(+

(44/ 7/25)アメリカ軍、「コブラ作戦」でサン・ローを突破

(44/ 7/29)満州の鞍山製鉄所、B-29の空襲で被害甚大(+

(44/ 7/31)アメリカ軍、ニューギニアの東端にあたるサン・サポール上陸

(44/ 7/31)サン=テグジュペルリ、コルシカ島から偵察飛行に飛び立ち行方不明となる(+

(44/ 8/ 1)ワルシャワでポーランド地下組織が蜂起「ブージャ作戦」、ソ連軍の進撃停止

(44/ 8/ 2)ワイト島=シェルブール間に敷設された史上初の海底パイプライン、稼動する

(44/ 8/ 3)アメリカ軍、ビアク島上陸

(44/ 8/ 3)ミートキーナ陥落

(44/ 8/ 4)アンネ・フランク、密告によりドイツ秘密警察に連行される(+

(44/ 8/ 6)ドイツ軍、アヴランシュで「リュティヒ作戦」を試みるが失敗

(44/ 8/ 8)「湘桂作戦」で日本軍、衡陽を占領

(44/ 8/15)連合軍、「ドラグーン作戦」で南フランス上陸

(44/ 8/20)ソ連軍、南方で攻勢再開

(44/ 8/20)ドイツ軍、ファレーズで包囲、掃討される

(44/ 8/23)ルーマニア降伏

(44/ 8/25)連合軍、パリ入城

(44/ 9/ 4)連合軍、アントワープ占領

(44/ 9/ 4)ブルガリア降伏

(44/ 9/ 5)ギリシア周辺諸島のドイツ軍、退却開始

(44/ 9/ 7)フィンランド、ソ連と休戦

(44/ 9/ 8)ドイツ陸軍「V-2号」でロンドン攻撃を開始

(44/ 9/15)イギリス軍、ドイツ戦艦「ティルピッツ」に超大型爆弾を投下

(44/ 9/15)モロタイ、ペリリュー島の戦い始まる

(44/ 9/15)連合軍、メッツ攻略を開始

(44/ 9/16)リガ包囲戦

(44/ 9/17)バルト海のドイツ大型艦戦隊、地上支援に投入される

(44/ 9/17)連合軍、「マーケット・ガーデン作戦」でオランダ突入

(44/ 9/19)アメリカ軍、ペリリュー島の飛行場を制圧(+

(44/ 9/22)日本軍、ペリリュー島北部に逆上陸(+

(44/ 9/22)イギリス空軍の特殊部隊、レジスタンス支援のため降下

(44/ 9/23)イタリアの連合軍、ドイツ軍防衛線「ゴシック線」に突入

(44/ 9/26)スウェーデン、ソ連と通商再開

●1944 第4クール

(44/10/ 3)Me262ジェット戦闘機のノボトニー部隊、実戦配備される

(44/10/ 4)ドイツ軍撤退開始、イギリス軍「マナ作戦」発動、ギリシア上陸

(44/10/ 6)連合軍のスヘルデ河口の掃討戦、開始される

(44/10/ 7)ソ連軍、フィンランドのドイツ軍をノルウェーへ駆逐開始

(44/10/ 7)アウシュヴィッツにおける反乱、総決起に失敗(+

(44/10/10)ドイツ北方軍集団、クールラントに閉じこめられる

(44/10/12-14)台湾沖航空戦

(44/10/18)16歳〜60歳の全男子「ドイツ国民突撃隊」に召集開始(+

(44/10/19)ソ連軍とチトー・パルチザン、ベオグラードへ入る

(44/10/20)ドイツ機甲部隊、ソ連軍先鋒をデブレツェンで撃破

(44/10/20)アメリカ軍の上陸と日本軍の「捷一号作戦」によるレイテ湾海戦

(44/10/24)シブヤン海海戦で戦艦「武蔵」撃沈される

(44/10/25)エンガノ岬沖海戦で囮の日本空母全滅、日本機動部隊消滅する

(44/10/25)サマール沖海戦、その後、栗田艦隊反転する

(44/10/31)デンマーク、アーハスのゲシュタポ司令部、爆撃によって破壊される

(44/11/ 1)日本軍、レイテ島、オルモックに反撃上陸成功(+

(44/11/ 3)日本軍、桂林・柳州占領作戦を開始

(44/11/ 7)ゾルゲ、尾崎、処刑される(+

(44/11/ 8)第2次メッツ攻防戦開始

(44/11/10-11)アメリカ軍飛行場、桂林、柳州占領

(44/11/11)ドイツ軍、遅滞戦術をとりつつギリシアから撤退完了

(44/11/12)イタリア戦線、雨期のため膠着

(44/11/12)ドイツ戦艦「ティルピッツ」撃沈される

(44/11/19)アメリカ軍、メッツ占領

(44/11/24)フランス軍、ストラスブール占領

(44/11/24)日本軍、フランス領インドシナからの攻撃も加え南寧占領

(44/11/24)マリアナから発進したB-29により、東京初空襲始

(44/11/24-27)日本軍、レイテ島で空陸協同反撃。空挺部隊の飛行場切り込み行なわれる(+

(44/11/27)ペリリュー島の日本軍、全滅(+

(44/12/ 2)マリアナ諸島(グアム島)を基地とするB-24、硫黄島空襲を開始(+

(44/12/ 3)ギリシアで内戦始まる

(44/12/ 6-7)日本軍、レイテ島で再度反撃を試みるが、アメリカ軍オルモックに上陸(+

(44/12/ 8)B-29の迎撃基地無力化をねらい、アメリカ水上艦艇と重爆撃機、硫黄島の3飛行場に最大規模の制圧攻撃(+

(44/12/13)マリアナから発進したB-29による名古屋初空襲。三菱工場被害大(+

(44/12/15)アメリカ軍、ミンドロ島に上陸(+

(44/12/16)ドイツ軍、アルデンヌで大規模な反撃を開始、「バルジの戦い」始まる

(44/12/24)ソ連軍、ブダペストを包囲

(44/12/18)B-29,24,25、P-51などによる漢口大空襲。焼夷弾攻撃で漢口壊滅(+

(44/12/26)セル付近の戦車戦でドイツ軍敗退

(44/12/26)包囲されたアメリカ軍の拠点バストーニュ、解放される

(44/12/31)アメリカ軍、レイテ島の制圧をほぼ完了(+

(44/12/31)イギリスの国防市民軍(ホーム・ガード)解散(cf.40/5/14)(+

●1945 第1クール

(45/ 1/ 1)ドイツ空軍、アルデンヌ周辺の連合軍飛行場を奇襲 「ボーデンプラッテ作戦」

(45/ 1/ 1)ドイツ軍、アルザスで「ノルト・ヴィント作戦」

(45/ 1/ 1)ドイツ軍、ブダペスト救出作戦を開始

(45/ 1/ 1)アメリカ軍、ミンドロ島で進撃開始(+

(45/ 1/ 3)連合軍、ドイツ軍の「バルジ (突出部)」の掃討開始

(45/ 1/ 6)B-29の大村空襲。成都を基地とした最後の空襲(+

(45/ 1/ 9)ルソン島をめぐる戦い始まる

(45/ 1/12)ソ連軍、ヴィッスラ河から攻撃を開始

(45/ 1/19)B-29による阪神、川崎明石工場空襲。被害大(+

(45/ 1/20)ソ連軍、ドイツ領内に侵攻

(45/ 1/27)B-29による東京および、中島武蔵野工場空襲(+

(45/ 1/27)ヴォルフス・シャンツェ、占領される

(45/ 2/ 4)B-29による神戸空襲。被害大(+

(45/ 2/ 8)連合軍、ラインラントの戦いを開始「ヴェリタブル作戦」

(45/ 2/13)ブダペスト陥落

(45/ 2/15)ドイツ軍、「ソネンベンデ作戦」で反撃

(45/ 2/16-17)関東、東海地域へアメリカ艦載機延2000機による初の大規模空襲(+

(45/ 2/19)アメリカ軍、硫黄島に上陸

(45/ 2/19)アメリカ軍、日本に対する空襲を低空焼夷弾攻撃に切り替え

(45/ 2/23-3/26)連合軍、ラインラントの戦いを開始「グレネード作戦」

(45/ 2/25)艦載機とB-29による東京、関東地区空襲(+

(45/ 3/ 3)ドイツ夜間戦闘機部隊「ギゼラ作戦」でイギリス飛行場を攻撃

(45/ 3/ 5)連合軍、ケルン占領

(45/ 3/ 6)バラトン湖周辺でドイツ軍の反撃「フリューリンクス・エアヴァッヘン作戦」

(45/ 3/ 7)西側連合軍、レマーゲン鉄橋確保

(45/ 3/ 9)日本軍、インドシナで抵抗勢力を掃討

(45/ 3/10)B-29による東京大空襲(焼夷弾攻撃)

(45/ 3/11)神風特攻「梓」隊、アメリカ艦隊の拠点ウルシー環礁を襲撃、失敗。「第2次丹作戦」(+

(45/ 3/12)B-29による名古屋焼夷弾攻撃(+

(45/ 3/13)B-29による大阪焼夷弾攻撃(+

(45/ 3/17)B-29による神戸焼夷弾攻撃(+

(45/ 3/18-20)艦載機延2500機による西日本空襲とB-29の名古屋空襲。九州沖航空戦。被害大(+

(45/ 3/23)沖縄戦始まる

(45/ 3/25)硫黄島の日本軍、最後の総反撃で全滅(+

(45/ 3/27-31)艦載機とB-29による九州、四国方面空襲(+

●1945 第2クール

(45/ 4/ 1)アメリカ軍「アイスバーグ作戦」開始、沖縄本島に上陸

(45/ 4/ 1)中南部フィリピンの掃討が始まる

(45/ 4/ 2)B-29による東京西部の工場空襲(4/4,7,12)。これ以後、ほぼ連日、日本各地への空襲が継続される(+

(45/ 4/ 3)ドイツ重巡「ヒッパー」、キール空襲で破壊される

(45/ 4/ 5)ソ連、日ソ中立条約を延長せずと日本に通告(+

(45/ 4/ 7)戦艦「大和」撃沈される

(45/ 4/ 8)本土決戦「決号作戦」準備の航空総軍戦闘序列発令、戦力温存のため本土空襲に対する迎撃を制限(+

(45/ 4/ 9)ドイツ重巡「シェーア」キール空襲で破壊される

(45/ 4/12)日本軍、ロケット推進三号弾を紫電改に搭載し、B-29に対して実戦試験(+

(45/ 4/12)ルーズヴェルト死去、トルーマンが大統領となる

(45/ 4/13)B-29による東京焼夷弾攻撃。皇居、明治神宮被弾(+

(45/ 4/15)連合軍、ドイツ軍戦線を突破前進

(45/ 4/16)「リュッツォウ」シュヴィネミュンデ空襲で破壊される

(45/ 4/16)ソ連軍、オーデル河畔から攻撃開始

(45/ 4/16)スパーツ将軍、アメリカ、イギリス軍の対ドイツ戦略爆撃終了を宣言(+

(45/ 4/17)アメリカ軍、ミンダナオ島上陸

(45/ 4/18)ソ連軍、ウィーン占領

(45/ 4/20)西側連合軍、ニュルンベルク占領

(45/ 4/24)西側連合軍、デッサウ占領

(45/ 4/25)西側連合軍、ライプチィッヒ占領

(45/ 4/27)ソ連軍、ベルリンを包囲

(45/ 4/30)UXXI型第1号艦出撃

(45/ 4/30)ヒトラー自殺

(45/ 4/30)西側連合軍、ミュンヘン占領

(45/ 5/ 2)ベルリン陥落

(45/ 5/ 3)イギリス軍、「ドラキュラ作戦」でラングーンに上陸、占領

(45/ 5/ 5)ドイツ中央軍集団、プラハで包囲撃滅される

(45/ 5/ 7)日本軍「第3次丹作戦」で再びウルシー襲撃を企てるが失敗(+

(45/ 5/ 8)ドイツ降伏

(45/ 5/ 8-12)ドデカネス諸島とクレタ島のドイツ軍降伏

(45/ 5/24)沖縄攻略完了

(45/ 6/12)連合軍、ボルネオのブルネイ攻略

(45/ 6/26)北部フィリピンの掃討

●1945 第3クール

(45/ 7/ 3)連合軍、ボルネオのバリクパパン攻略開始

(45/ 7/10-18)アメリカ、イギリス艦隊の日本本土攻撃

(45/ 7/16)アメリカ、ニューメキシコで原爆実験成功

(45/ 7/17)ドイツのポツダムで会談が開かれる

(45/ 7/24-30)アメリカ第38機動部隊とイギリス第37機動部隊による日本本土攻撃。残存日本艦隊ほぼ消滅(+

(45/ 7/24)上記攻撃の初日。アメリカ艦載機延1700機による呉、神戸空襲。343空の紫電改21機による迎撃(+

(45/ 7/26)選挙で保守党が大敗し、チャーチル辞任、後任はアトリー

(45/ 7/26)日本に対して「ポツダム宣言」がなされる

(45/ 7/27)中国軍、日本軍に対する攻勢を開始

(45/ 8/ 6)アメリカ軍、広島に原子爆弾(ウラニウム爆弾)投下

(45/ 8/ 8)ソ連軍、満州で攻勢を開始

(45/ 8/ 9)アメリカ軍、長崎に原子爆弾(プルトニウム爆弾)投下

(45/ 8/15)日本、「ポツダム宣言」を受諾

(45/ 8/21)満州と千島のソ連軍、攻勢を終了

(45/ 8/30)ショスタコーヴィッチ交響曲第9番、完成。初演はレニングラードにて11月3日。好評だが明るすぎ共産党から批判される(+

(45/ 9/ 2)日本、横浜の戦艦「ミズーリ」上で降伏調印

(45/ 9/12)シンガポールで東南アジアの日本軍、降伏調印