子持山
(こもちやま)
  (標高 1296m)


山行日 2009. 11.28
所在市町村名 群馬県 渋川市/沼田市
メンバー abeちゃん、だんべえ
コース
    子持山登山口 〜 屏風岩 〜 獅子岩 〜 柳ヶ峰 〜 子持山山頂 〜  
      
 (9:10)     (9:25)    (10:40)   (11:40)    (12:00)

     大タルミ 〜 登山口
     (11:30)   (14:15) 

※市町村合併により、所在地名が変更になっている場合
があります。調査不足で誤りがあるかもしれませんが
もし、ご存知でしたらメールでお教えいただけると幸いです。
今後のレポート作成に活用させていただきます。




すっかり紅葉も落ち着き、北風も吹く時期になって来ました。
こんな時は、冬枯れならではの展望を
楽しもうと、小野子三山方面を目指しました。

今回、ご一緒してくれるabeちゃんは
この周辺の山は、何処にも登っていない
と言う事なので、オススメの
十二ヶ岳にでも・・・と車を走らせていると
谷川岳方面には、黒く厚い雲が・・・
これでは、折角の展望は望めません。

ならば・・・変化に富んだ子持山でも行きましょうか?
OK!!
ということで、きっぱり諦めて
子持山へ。




子持山へ向かう途中で見たモミジと榛名山@





A





B


のんびり出発だったので、すでに何台もの車が
駐車スペースに停めてあります。

おなじみ登山口に設置の、キツネ君のお出迎え。
木道を歩きながら見上げると「屏風岩」
今日は天気もいいし、遠望は利かないかも知れないけど
登っていこうかな?と内心決断・・・?。
沢の中を右へ左へ・・・。
少し歩くと、左に屏風岩経由、獅子岩の標識があります。
abeちゃんには無理矢理、屏風岩も折角だから登っていきましょうと
左へ進みます。後続の4人組もついてきます・・・。

屏風岩の基部まで、ちょっと急登?息がきれそうですが
なんとか登り上げ、ここからがちょっとばっかりスリリング・・・かな?
梯子と鎖を使って登れば、屏風岩のてっぺんです。
てっぺんからは、獅子岩がよおっく見えます。
細長い屏風岩の頂上の、南先端まで行って見ましょう・・・。
一ヶ所、ちょっと怖いところもありますが、abeちゃん難なく通過。
後続の4人組は、ビビッて?来ません。
獅子岩




基部に戻り、小刻みなアップダウンの登山道を進みます。
時折、木々の間から段々大きくなってくる、獅子岩を見ながら
のんびりトコトコ。
落ち葉がちょっと滑ります・・・。
日差しは暖かいですが、ちょっと風があるかな?
沢コースや他のコースとの合流点に着きました。
ここからは、一気に獅子岩の基部まで急登です。
焦らず、のんびりと進んでいくと、獅子岩の基部。
こんな鎖を使って、獅子岩頂上へ・・・。
お先にどうぞ・・・abeちゃんは、下りの方に道を譲ります。
さすが!鎖の上り下りをしっかり見ておくようです。
獅子岩頂上ではしゃぐ管理人。
他のポーズもありましたが、あまりにも危険な格好だった為
今回は、割愛させていただきます(笑)


赤城山方面は、お隣通しなのでクッキリ見えますね。
このとき、赤城山にはふたさんが登ってました。
暫く展望を楽しんだ後、獅子岩を下り子持山山頂へと
向かいます・・・前から、登山者が来られ「どうぞ・・・」
と道を譲っていただき、擦れ違う際に「だんべえさん」
と声を掛けていた方を見れば、あっ〜!!
春のヒメサユリオフ、袴腰山でお会いした「hnさん」でした・・・
お仲間と、偶然にもこちらへ来られたようです。
ビックリでした〜・・・
でも、うれしいですね。こんな出会い・・・。







獅子岩を、登り返しの斜面から・・・。




柳ヶ峰。ここから大ダルミへ下るコースと山頂へ向かうコースに分かれます。
柳ヶ峰から先は、ちょっとした岩稜まじりの登山道。
時々、ロープが設置されてたりします。中には運動会で使う
綱引き用のロープ?見たいな太いロープも・・・。
展望が開けると、こんな景色も(前回は、雪景色・・・)






↓(今年の1月10日に登っています レポ)
http://www.eva.hi-ho.ne.jp/y-mary/09zenhan/0110komotiyama/komotiyama.html


山頂です〜。
結構、賑やかですね。3〜4組で一杯の山頂。


展望はやはり期待してはいなかった通り、上州武尊山方面は雲で
見えてません。でも、空は青空。気持ちは良いですね。
と、ここで記念写真をお願いした単独の方と、色々とお話を・・・
地元?に近い高崎市にお住まいのかたで、良く登っておられるそうです。
西上州にも精通されているようで、ついつい話が弾んでしまいます。
自己紹介したら「拝見してますよ」との嬉しい言葉が!!
またまた嬉しい出会いです。「moteちゃん」と言うことです〜。
moteちゃんと、ランチを食べながら話をのんびり・・・。
柳ヶ峰から私たちは大ダルミへと下るので、獅子岩方面へ向かう
moteちゃんとはここでお別れです。
楽しい一時を、ありがとうございました。
地元通しなので、またどこかでご一緒&バッタリしたいですね。



大ダルミからは一気に登山口まで下ります。
かさかさと、落ち葉踏みしめ気持ちがいいなあ〜。
これからは、落ち葉を踏みしめ里山歩き・・・ですね♪




山頂にて・・・moteちゃん提供







2009年 後半・山行/お出かけ記録へ