南海サザンみどりの頃

870504i1.jpg(44770 byte)

10001 孝子-紀の川間 1987年5月4日撮影

10000系は当初cMTcの2両で組成され、トイレ等は未設置で10001~4+10901~4の4編成8両が1985年10月1日に搬入され、 11月1日より従来の「四国号」に替わり運行を開始しました。

1986年10月に10005+10905が1987年3月には10006~7+10906~7が増備され、 さらに1989年1月には10008~10+10908~10が増備され合計10編成20両となりました。

当初は座席指定車2両+自由席車・通勤車(7000系または7100系)4両の6両編成と全車座席指定2両X2編成の4両編成で運用されていたが、 1989年11月からは全車座席指定車の一部に8両編成も登場した。

860319fc1.jpg(73114 byte)

10003F全車指定特急サザン、特急四国号から引退し急行として運用中の1003Fとの並び 1986.3.19

860817fgb.jpg(82252 byte)

紀の川橋梁下り線にて 現在は横にケーブルが張られ撮影に少し障害となる 方向幕が「特急」表示

kinokawa2.jpg(66423 byte)

紀の川橋梁を行く一部座席指定

870613ac.jpg(57002 byte)

朝の上り列車 2連X3全車座席指定

870623c01.jpg(56477 byte)

トップナンバー10001を先頭にした2連X2の全車座席指定 1987年6月23日撮影

10904b.jpg(79179 byte)

箱ノ浦のカーブを行く10904

870302ba.jpg(72869 byte)

和歌山市駅を出発し和歌山港に向かう10905 1987年3月2日撮影

871002b.jpg(75209 byte)

皇族の方が乗車して羽倉崎車庫の横を高速で通過する10906 1987年10月2日